2015年10月03日

ユーラシア大陸最西端を目指して、ポルトガルへ移動。 山旅で世界一周後半〜アムステルダムーリスボン移動編〜 ポルトガル 49日目 9カ国目

2014年10月15日 アムステルダムーリスボン移動 1日目(世界一周後半 50日目)

161.jpg

次の9ヵ国目はポルトガルです!

PA153745.JPG

AM4:30ーチェックアウトを済ませて徒歩でアムステルダム中央駅へ。(というか、道路が凸凹になっていて糞重たいスーツケースを押しながら移動するのが大変だ・・・)

PA153746.JPG

オランダのアムステルダム町も見納めか・・・。なんだか切ない。

PA153747.JPG

昨日買った切符、何故かエラーになっていて改札口を通る事が出来なかった。

窓口へ行って事情説明し、無料で切符を変えてくれた。(片道5ユーロ、690円)

PA153749.JPG
PA153748.JPG

オランダのスキポール国際空港まで移動20分。

PA153750.JPG

駅のエスカレーターに乗って上がると...

PA153751.JPG
PA153752.JPG
PA153753.JPG

なんと、もうすでに空港内。列車の駅が国際空港と直結していて凄い便利だなと思った。

PA153754.JPG
PA153755.JPG

ポルトガルの首都リスボン行きの航空券を購入。って・・・あれ?ウチの座席、なんと1Aじゃないか。これで何回目だろうか?トップバッターの数字を引いたのは。

PA153757.JPG
PA153760.JPG
PA153761.JPG

スキポール国際空港内はこんな感じ。

PA153762.JPG
PA153763.JPG
PA153764.JPG
PA153765.JPG

オランダの土産。

PA153766.JPG
PA153767.JPG
PA153768.JPG
PA153769.JPG
PA153770.JPG

チューリップや花の種まで売っている。

PA153771.JPG

バラ???

PA153772.JPG

可愛い花ボールペンがあるー。よし、これをMへの土産にしよっと。

PA153773.JPG

オレンジ色の服といえば、サッカーのオランダ代表のユニフォームだー。(もちろん買わないけど。)

PA153775.JPG
PA153776.JPG
PA153778.JPG
PA153777.JPG

おっ、チョコレートカフェがあるー。

PA153779.JPG
PA153780.JPG
PA153781.JPG
PA153783.JPG
PA153782.JPG
PA153784.JPG

どれも美味しそうなデザートだ・・・。まじですげー迷う。。。

PA153785.JPG
PA153786.JPG

パンもあるようだ。

PA153787.JPG
PA153788.JPG

やっと飲めます、ホットチョコレートが。(5ユーロ、690円) ちなみにこの時間帯は早朝で、朝っぱらからいきなりデザートはさすがにキツイので、デザートは断念する事にしました、はい。

PA153789.JPG

ホットチョコレート美味いなー。(ベルギーが原因で少しチョコレート依存症になりかけている?)

PA153790.JPG

AM7:20ーポルトガル・リスボン行きの飛行機に乗って出発。

PA153791.JPG

子供用?のスーツケース、可愛いなー。

PA153796.JPG
PA153797.JPG
PA153799.JPG

楽しかったオランダよ、ばいばい。

PA153800.JPG
PA153801.JPG
PA153802.JPG
PA153803.JPG
PA153806.JPG
PA153804.JPG

おはようございます。

PA153807.JPG

ー3時間後ー

PA153808.JPG
PA153809.JPG

9ヵ国目のポルトガルに到着。

PA153810.JPG
PA153811.JPG

今回乗った航空会社はLCCのtransavio.com。

PA153812.JPG

あっイギリス社のLCC、イージェット航空だ。。いつか乗ってみたいなー。(欧州で有名な航空会社であり、就航路線の範囲がめちゃ広い。)

PA153813.JPG

リスボンのポルテラ国際空港内。

PA153814.JPG

ポルトガルクマちゃん?が出迎えてくれました。


後編へつづく。


2015年10月04日

ユーラシア大陸最西端を目指して、ポルトガルへ移動。 山旅で世界一周後半〜アムステルダムーリスボン移動編〜 ポルトガル 49日目 9カ国目 後編

前編の続き。
http://nagataka-world.seesaa.net/article/427129547.html

PA153815.JPG
PA153816.JPG
PA153818.JPG
PA153819.JPG

首都リスボンのポルテラ国際空港内はこんな感じ。売店が少なくて寂しいな・・・。

PA153820.JPG

あった、あそこがリスボン市街地行きのバス乗り場だ。。

PA153821.JPG
PA153822.JPG

バスに乗ってリスボン市街地へ移動。5ユーロ、690円。

PA153824.JPG

ポルテラ国際空港からリスボン市街地まで移動時間は約30分くらい。

PA153825.JPG
PA153826.JPG
PA153827.JPG
PA153829.JPG

屋台の焼き芋屋??

PA153830.JPG

路地が凸凹で移動しにくい、かなりの労力が・・・。(^_^;)

PA153841.JPG
PA153831.JPG

今回泊まる宿はMy Home。変わった名前ですな...。

PA153838.JPG
PA153840.JPG
PA153839.JPG
PA153837.JPG
PA153834.JPG
PA153835.JPG
PA153836.JPG
PA153832.JPG

ドミトリー部屋3泊で33ユーロ、4520円。(一泊あたり1500円)

PA153833.JPG

あららら・・・・男女おかまいなしですな。(^_^;) (ウチが泊まる1段ベッドの上の2段ベッドは黒人女性でした)

PA153842.JPG

高額でボッタくられそうな白タクシー。

PA153843.JPG

時間が余っているので、首都リスボン市街地散策しに出かけてみる。

PA153844.JPG
PA153847.JPG
PA153846.JPG
PA153848.JPG
PA153850.JPG
PA153849.JPG

すげー・・・建物まるごと落書きしちゃっているよ。(^_^;)いや、アートというべきなのかな・・・。落書きがめちゃひどいブラジルのサンパウロよりはましかもしれんが。

P1270457.jpg

世界一周前半の旅でブラジルのサンパウロ市に訪れた時の建物はこんな感じで落書きされていてひどかった。(当時2014年1月下旬)

PA153851.JPG

バス停は電子掲示板になっていて、次の発車時刻を知らせてくれるので実にわかりやすい。

PA153853.JPG

珍しい信号だ・・・。

PA153854.JPG
PA153856.JPG
PA163858.JPG

昼飯はポルトガル版のマックを食べてみる事にした。

PA153857.JPG

うん、普通に美味しい、それだけですな。苦笑 (6.5ユーロ、890円)

PA163861.JPG
PA163862.JPG
PA163863.JPG
PA163860.JPG
PA163869.JPG
PA163868.JPG

髪を切りたいウチはショッピングモール内の床屋へ行き、ヘアカットをお願いしてもらう。(13.9ユーロ、1904円)

PA163867.JPG
PA163865.JPG

店員に「こんな感じでお願いします」とiPhoneでベリーショート風の髪写真を見せると、

店員は「OK」とうなずいて散髪作業にとりかかる。


ー30分後ー


あれ.....なんだこりゃ、完全に角刈りじゃないか。( ゚д゚)

店員は笑顔ニンマリ。

ヨーロッパのカットは少しは信用出来るかなと思って切ってもらってみたんだけど、結局は南米のボリビアと全然変わらないのね...。_| ̄|○(ボリビア2回も角刈りにされた)


仕方ない、今はこの髪で我慢だ。。苦笑

PA163864.JPG

ショッピングモール内にあるトイレ、なんと便座がない・・・。仕方ない、我慢しますか(-_-;)

PA163871.JPG

ショッピングモール内にローカル食堂があるので、完全に野菜不足のウチは栄養を沢山摂る為に、アジアン料理、肉野菜炒め丼?に注文。(6.5ユーロ、890円)

PA163870.JPG

味はまあまあです、はい。

PA163872.JPG
PA163873.JPG

ポルトガルらしいオブジェですな。

PA163874.JPG

宿の隣にカフェがあるので、気が向いたら行ってみようかな。


夜、リビングで寛いでいたら...

なんと蚊がウロウロ飛んでいて、沢山刺されてしまう羽目に。


仕方なく部屋に戻って寝たウチでありました...。

おわり。

今日の支出 7254円
(累計43万2878円)

2015年10月05日

1年1ヶ月かけてユーラシア大陸最南端ロカ岬に到達。 山旅で世界一周後半〜シントラ編〜 ポルトガル 50日目 9カ国目 前編

2014年10月16日 シントラ 2日目(世界一周後半 51日目)

PA163875.JPG

朝食無料。

PA163876.JPG

特にチョコレートジャムが旨過ぎる。

PA163877.JPG

昼頃に地下鉄へ行き、ロシオ駅へ移動。

PA163879.JPG
PA163880.JPG

地下鉄 往復3.3ユーロ、450円。

PA163881.JPG
PA163882.JPG

地下ホームはこんな感じ。

PA163883.JPG
PA163885.JPG

地下ホームにもあるんだな、オブジェが。

PA163888.JPG
PA163887.JPG
PA163886.JPG
PA163889.JPG

駆け込み乗車はおやめくださいのマーク。

PA163891.JPG
PA163893.JPG
PA163894.JPG
PA163895.JPG
PA163896.JPG

デコボコ石畳路地、ポルトガルの風情を感じさせる街ですな。

PA163897.JPG

この建物がロシオ駅のようだ。外見だけじゃ駅だと気付きにくいよなー。。歴史的建造物をそのまま駅にするという所がヨーロッパらしいですな。(^_^;)

PA163898.JPG
PA163906.JPG

ロシオ駅に行って窓口に「ロカ岬!」と言ったら、「シントラ駅往復とバス周遊一日券になります。 15ユーロ、2050円」の事。

PA163899.JPG
PA163900.JPG
PA163904.JPG

ロシオ駅はこんな感じ。

PA163903.JPG

ユーラシア大陸最西端ロカ岬はシントラ駅の近くにあるので、シントラ行きの列車に乗りますか。

PA163905.JPG
PA163910.JPG
PA163908.JPG

40分後、シントラ駅に到着。

PA163907.JPG
PA163909.JPG

シントラもデコボコ石畳路地ですな・・・。

PA163913.JPG
PA163911.JPG
PA163914.JPG

シントラ駅舎内はこんな感じ。

PA163918.JPG
PA163919.JPG
PA163921.JPG

ロカ岬へ行ける路線バスは2社しかないようだ。

PA163922.JPG
PA163924.JPG

403線のバスに乗ってロカ岬へ。

PA163925.JPG
PA163926.JPG
PA163927.JPG
PA163931.JPG
PA163928.JPG

いよいよだ、念願のユーラシア大陸最西端とご対面までもう少しだ...。

PA163933.JPG
PA163932.JPG

ー35分後ー

P1040625.JPG
P1040624.JPG
P1040627.JPG
P1040637.JPG

あ、あれがユーラシア大陸最西端ロカ岬...。

P1040630.JPG

2014年10月16日PM2:00ー(日本時間PM8:00)

世界一周前半ルート.jpg
(※画像をクリックすると拡大します)
後半ルート1.png
(※画像をクリックすると拡大します)
後半ルート2.png
(※画像をクリックすると拡大します)
後半ルート3.png
(※画像をクリックすると拡大します)
後半ルート4.png
(※画像をクリックすると拡大します)
P1040633.JPG

2013年9月に日本を発って1年1ヶ月後(一時帰国、再出発も含む)、

P1040634.JPG

ようやく....

P10407010000000000000.JPG

ユーラシア大陸最西端ロカ岬に到達ー!!!!!


P1040704000000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
後半ルート5.png
(※画像をクリックすると拡大します)

本当に長かった....。

P1040697000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

ヨーロッパ史上初?ユーラシア大陸最西端ロカ岬で昼寝達成。

P1040678.JPG

ちなみに観光客があちこち溢れてきていて、昼寝写真を撮るのに3時間かかりました、はい...T_T

P1040635.JPG
P1040636.JPG
P1040638.JPG
P1040656.JPG
P1040658.JPG

ロカ岬周辺の景色。それに潮風は強いな。。(;^_^A 風速10m以上はありそう。

PA173939.JPG

たまたま、ロシア人に声かけられ、「ユーは中国人か?」

ノー、日本人だ!と言ったら、

PA173940.JPG

ロシア人は嬉しそうな顔で「ロシアと日本友好!!」と何故か日本式45度最敬礼をするロシア人

PA173942.JPG

日本式45度最敬礼、どこで覚えたのか気になる...(^^;;


P1040655.JPG

ユーラシア大陸最西端ロカ岬限定のレストラン。後で食べに行ってみるか。

P1040706.JPG
P1040716.JPG
P1040715.JPG
P1040714.JPG
P1040711.JPG
P1040708.JPG
P1040712.JPG
P1040707.JPG
P1040710.JPG

水平線が丸く見える・・・・

 ホントに地球は丸かったんだな、うん。


後編につづく。

2015年10月10日

1年1ヶ月かけてユーラシア大陸最南端ロカ岬に到達。 山旅で世界一周後半〜シントラ編〜 ポルトガル 50日目 9カ国目 後編

前編の続き。

http://nagataka-world.seesaa.net/article/427328362.html


P10407230000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

なんだかわからないけど、去年9月に日本を発って1年1ヶ月かけてユーラシア大陸最西端ロカ岬に到達した瞬間、



「これでウチの旅は終わったんだ...」



と錯覚してしまいそうになった。(旅はまだ終わってないのに。)

P10407210000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

ロカ岬から見た海の地平線がスゴく丸くなっていて、「ああ、地球は丸かったんだな...」と改めて実感。

P1040733000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

その後はユーラシア大陸最西端ロカ岬で海を眺めながら人生についてを色々考えてしまった。

P1040722.JPG

去年日本を発つ前まではー

サラリーマン時代は上司に怒られたり、納期に迫られてプレッシャーと戦いながら残業に追われたり、毎回旅行や登山目的で休暇申請する度に

「そんなに旅するの?」と上司が呆れた顔をして職場の空気が険悪化してしまう事がしばしばあって、なかなか休暇取りにくかったり...。


こういう環境に過ごして来た自分はー

P1040738000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

”世界一周の旅”は


自分にとっては


とっても遠い、手の届かない、下手にしたら夢のままで終わるんじゃないかなー?と思った位、


遠過ぎる夢でしかなかった。


そして会社を辞めて世界一周の旅に出る事になったウチは


”長年の夢が叶った、人生は一度きりだから、悔いのないように世界を周ろう。”と。


実を言うと、世界一周を終えたら ”旅人”を卒業しようと思っていた。


が、


現実は違った。


何これ、こんなに素晴らしい絶景と出逢える場所があったなんて知らなかった、またいつかは行ってみたい、また食べてみたい、登ってみたい、泳いでみたい...etc 毎回、国に訪れる度に未練が増える一方。


さらに、こんな事も考えてしまった。

国に一回訪れて満足して終わりって、なんか次の楽しみが無くなってしまうのがスゴく勿体無い気がした。

だから、国ごとに旅は中途半端に終わらせようと。


中途半端に終わらせてしまえば、国ごとに未練が出来るから、旅はまだ続けられる。

その方が、世界一周だけで終わらせず、また世界二周、三周、四周....まだまだ周り続ける事が出来る。勿論、テーマを変えながら。


世界一周の旅の終わりこそが、次の世界二周への旅の始まり。


いつの間にか、


”人生は一度きり。だから、悔いのないようにしたい事をして満足して終わりたい”


という考えから、


”一度だけで終わらせたくない、死ぬまで一生、人生を楽しみ続けたい。”


といった下品な考えへ変わってしまっている自分がいた。


どうやら世界一周しただけで旅人を卒業するのは無理っぽい。。汗


ということで、死ぬまで未来永劫、生涯旅人として生きていく事にしました、すいません。(当然、サラリーマン復帰しますけど。)


正直言って、世界一周してよかったのか?自分でもよくわからない。


少し後悔している自分もいる。


まるで世界一周という禁断のパンドラの箱を開けてしまったみたいで、次から次へと新しい目標がどんどん出てきて人生の歯車が全然止まらない...。(その例が海外の山)


もし禁断のパンドラの箱を開けなかったら、大海を知らないまま一生、井の中で社畜として定年まで働きながら刺激のない平凡な人生を送っていたと思う。


大海を知らない、いつもと変わらない日常の平凡な生活が一番幸せだったのかな...としばしば考えてしまう、

”禁断のパンドラの箱を開けるんじゃなかった”と。


いや、元々好奇心の強い自分が禁断のパンドラの箱を開ける運命だったのかもしれない。


パンドラの箱の呪いが解けるとしたら、自分の寿命が尽きた時だろう。


パンドラの箱に呪われてしまった以上、どうする事も出来ないので、とりあえずは命が尽きるまで生涯、旅人として世界の山、海、離島、空へ挑戦しながら周っていこうと思います。。(今は山をテーマにして周っている最中ですが。)

どうしようもないウチの生き方を見て、夢(目標)を持つキッカケが出来たら、嬉しいかなと思っています。。

もし地球全部行き尽くしてしまったら、次は宇宙へ行こうかな。

P104072900000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

あ、ウチの駄言だー

”人生は一度きり。だが、一度だけで終わらせる必要はない。死ぬまで何度もチャレンジする事が出来るのだから。皆人間は生まれた時から挑戦する資格を持っている。”

P1040731.JPG

意味不明でさぶい言葉でごめんなさいね。(;^_^A

P1040654.JPG
P1040651.JPG

そして....

PA1739490000000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

ついにユーラシア大陸最西端ロカ岬到達証明書をゲット(11ユーロ)!!

P1040639000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

ユーラシア大陸最西端ロカ岬到達証明書、ご立派に展示されているようだ。(世界の中で1番立派かも?)

P1040641.JPG
P1040640.JPG
P10406430000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
P10406420000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
P1040648.JPG
P1040649.JPG

ユーラシア大陸最西端ロカ岬到達証明書の表紙。

P1040644.JPG
P1040647.JPG

ユーラシア大陸最西端ロカ岬到達証明書のサイズがメチャデカい。ちなみに11ユーロもして高っ!!

P1040650.JPG

2014年現在の10ユーロ紙幣。

P1040653.JPG
P1040652.JPG

ついでにポストカードも購入。

合計36ユーロ(証明書×3とポストカード3枚)、4920円もして高い・・・。

PA183987.JPG

ユーラシア大陸最西端ロカ岬限定のTシャツをゲットー!!!

P1040745.JPG
P1040749.JPG
P1040750.JPG
P1040752.JPG
P1040755.JPG
P1040753.JPG
P1040754.JPG
P1040756.JPG
P1040757.JPG
P104075800000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
P1040760.JPG
P1040763.JPG
P1040764.JPG
P1040766.JPG
P1040765.JPG
IMG_5870000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
IMG_585500000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

PA173950.JPG

帰りのバス時間はまだまだあるので、館内で晩飯でも食べるか。

PA173951.JPG

ユーラシア大陸最西端レストランでフィッシュバーガーを食べる。( 6ユーロ、820円)

PA173952.JPG

うん、美味い。


さて帰るかと思いきや、


バス運転手「シントラ?ノー、さっきのバスがシントラ行きで、とっくに発ったぞ。


あれま....。


結局、乗り遅れてしまったウチはロカ岬で1時間待つ羽目に。

P1040769.JPG

でも、ユーラシア大陸最西端ロカ岬の夕陽絶景が見れたので、結果オーライとしますか。

P10407700000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

やっと夜7時過ぎにバスに乗り、ロカ岬から離れていく度に


「ありがとう、ウチに思い出を作ってくれて。」


とユーラシア大陸最西端ロカ岬に感謝しつつ、次の旅へ突き進んでいくウチである・・・。

PA173954.JPG
PA173955.JPG

PM8:30過ぎーようやくリスボンに帰還。

P1040773.JPG
P1040775.JPG
PA173957.JPG
PA173956.JPG

可愛いデザートですな。でも中身はどうだろうなぁ・・・・。

PA173958.JPG
PA173959.JPG
PA173960.JPG
PA173961.JPG
PA173962.JPG
PA173963.JPG
PA173965.JPG
PA1739700000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
PA173971.JPG

ポルトガルの首都リスボンといえばレトロな路面電車が有名だそうだ。

PA173972.JPG
PA173973.JPG
PA173976.JPG

さて、地下鉄に乗りますか。

PA173977.JPG
PA173978.JPG
PA173979.JPG
PA173980.JPG

地下ホームはこんな感じ。

PA173981.JPG

硬そうな吊り革。

PA173982.JPG
PA173983.JPG
PA173984.JPG
PA173985.JPG

晩飯は宿の近くにあるとしたら、キングバーガー店しかなかったので、仕方なくキングバーガーとサラダ 11ユーロ、1500円注文して晩飯を済ませることに・・・。


おわり。

今日の支出 9740円
(累計44万2618円)

2015年10月12日

ヨーロッパ最西端で1日旅の休息。 山旅で世界一周後半〜リスボン編〜 ポルトガル 51日目 9カ国目

2014年10月17日 リスボン 3日目(世界一周後半 52日目)


PA183989.JPG
PA183988.JPG

宿に引き篭もってブログ更新。


昼は久し振りにサッポロ1番ラーメンを作る。

ルームメイトはいい匂いだ!と褒められる。

PA183994.JPG

宿の近くにある中国&日本料理バイキング店が気になったので、試しに行ってみることにした。

PA183990.JPG
PA183991.JPG
PA183992.JPG

食べ放題+ドリンクで 9.5ユーロ、1300円。

PA183993.JPG

味は...中華は問題ないが、日本寿司は...ベタベタしていてBADでした、はい。(。-_-。)

PA183995.JPG

暇だったので、夜は首都リスボン市街地をぶらぶら。

PA183996.JPG
PA183998.JPG

意外と治安はよく、夜1人歩きしても危ない気配はしなかった。ただ、周辺の店の閉店時間が早い上になんか店舗の数が少なくて寂しい・・・。

PA183999.JPG
PA184000.JPG

夜でも暑い(気温30℃前後だったかな?)ので、宿の近くにあるバーガー店に行ってストロベリー濃厚ジュースを買って飲みました、はい。

PA184002.JPG
PA184001.JPG
P1040779.JPG
P1040777.JPG

その後はルームメイトとおしゃべり。


おわり

今日の支出 1300円
(累計44万3918円)

2015年10月13日

旧首都、古都ポルトへ移動。 山旅で世界一周後半〜リスボン→ポルト移動編〜 ポルトガル 52日目 9カ国目

2014年10月18日 リスボン→ポルト移動 4日目(世界一周後半 53日目)


今回は首都リスボンから第二都市・ポルトへ移動。こないだベルギーで再会したイトー夫婦から「ポルトガルの首都リスボンより第二都市ポルトの方が歴史的建造物が沢山あって良かったよ!!」と素敵な?情報をいただいたので、せっかくポルトガルに来たんだから、第二都市ポルトに行ってみることにしたのである。

PA184003 - コピー.JPG
PA184004 - コピー.JPG
PA184005 - コピー.JPG
PA184006 - コピー.JPG
PA184008 - コピー.JPG

昼頃にチェックアウトして地下鉄に乗ってバスステーションへ。(1.5ユーロ、204円)

PA184009 - コピー.JPG
PA184010 - コピー.JPG
PA184011 - コピー.JPG

リスボン→ポルト 約3時間、片道20ユーロ、2730円。

PA184012 - コピー.JPG
PA184014 - コピー.JPG

PM1:00ー首都リスボンを発つ。

PA184016 - コピー.JPG

バス内の雰囲気はこんな感じ。

PA184015 - コピー.JPG

ボっちゃリの人にとっては狭そうで苦しそうですな。(^_^;)

PA184018 - コピー.JPG

うーん、正直言って、首都リスボンはユーラシア大陸最西端ロカ岬以外は何もないって感じだったな...。(;^_^A

PA194020 - コピー.JPG

ー3時間後ー

PA194021 - コピー.JPG

PM4:30ー古都ポルトに到着。

PA194022 - コピー.JPG
PA194023 - コピー.JPG
PA194025 - コピー.JPG

タクシーを拾って宿へ移動。( 8.1ユーロ、1100円)

PA194028 - コピー.JPG
PA194029 - コピー.JPG
PA194032.JPG
PA194033.JPG
PA194034.JPG
PA194035.JPG

今回泊まる宿。

PA194037.JPG
PA194039.JPG
PA194038.JPG
PA194040.JPG
PA194041.JPG
PA194042.JPG
PA194044.JPG
PA194043.JPG

ドミトリー部屋3泊で40ユーロ、5460円(一泊あたり1800円)。

PA194045.JPG

ロッカー。(施錠は自己持参が基本) 驚いたことに、コンセント口はロッカーの中にあるという。これは盗難防止になるのでいいかもねー。

PA194046.JPG
PA194047.JPG
PA194048.JPG

中庭のようだ。


ドミトリー部屋に珍しくも日本人の近藤さんっていう人がいて、声かけられる。

近藤さんの話によると、ウチの事を中国人か韓国人に見えて声かけにくかったそうだ...。(^^;;


近藤さんと一緒に古都ポルト散策に出かける。

PA194030.JPG

宿から歩いて5分でATMがある。

PA194051.JPG
PA194052.JPG
PA194050.JPG

街でよく見かけるペンキ塗りの矢印の意味は、巡礼での進む方向矢印のことだそうだ。

PA194053.JPG
PA194054.JPG
PA194055.JPG
PA194056.JPG
PA194057.JPG
PA194058.JPG
PA194059.JPG
PA194060.JPG
PA194061.JPG

人気があるな、石焼いも?屋はー。

PA194064.JPG
PA194066.JPG
PA194067.JPG
PA194068000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
PA194072000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
PA19407000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
PA194065.JPG

ホールの壁を飾るアズレージョがある珍しい修道院。

PA194069.JPG
PA194073.JPG
PA194075.JPG

なぜか道のど真ん中で待ち構えているゴールデンレトリバー。(^_^;)

PA194076.JPG
PA194082.JPG
PA194079.JPG

晩飯はポルトガル名物のタラ料理とレモンビール。 4.6ユーロ、628円

PA194080.JPG

レモンビールはpanacheといって、女性にとって飲みやすいんだとか。苦味のビールが苦手なウチでも、美味しく飲めれる。かんぱいー!!

PA194083.JPG

彼がドミトリー部屋で知り合った日本人、近藤さん。

PA194084.JPG

スーパーでレモンビールやお菓子を購入。 11ユーロ、1500円


おわり

今日の支出 11622円
(累計45万5540円)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。