2014年04月09日

日本人の第二故郷・パラグアイのイグアス移住地散策。〜イグアス編〜12ヵ国目 南米・パラグアイ 112日目後編

前編の続き。

http://nagataka-world.seesaa.net/article/394197193.html

P1260302.JPG
P1260303.JPG
P1260304.JPG
P1260305.JPG
P1260306.JPG
P1260308.JPG

おーまいが!!

今日はあいにくも休館・・・。イグアス移住地の歴史を知る事が出来なくて残念です、とほほほ・・・。

P1260310.JPG

公園。

P1260313.JPG
P1260315.JPG

本当にあったんだ、地球の裏側に日本の神社が...。

P1260316.JPG
P1260317.JPG
P1260318.JPG
P1260323.JPG

ここは日本?と錯覚してしまいそうです。。



日本人イグアス移住地の周辺動画その1。



日本人イグアス移住地の周辺動画その2。

P1260329.JPG

スーパー店。

P1260332.JPG
P1260333.JPG
P1260334.JPG

日本食品まあまあ揃っているようだ。

P1260331.JPG

まじかよ、ウチの好きなポテトが...!!!

日本のポテトが恋しいウチは即買いしました、はい。(;^_^A ←とはいえ、工場は中国で作られたみたいですが・・・。

P1260336.JPG

ラー油!!! これ、まじで大好きなんだよな、ラー油は・・・。買いたいけど、南米はご飯食べれる機会なんてなかなか無いので、帰国まで我慢するか・・。苦笑

P1260337.JPG
P1260338.JPG
P1260339.JPG
P1260340.JPG

まじか、味噌まであるとは・・・。

P1260341.JPG
P1260342.JPG
P1260344.JPG

日本語表示まである。

P1260345.JPG
P1260348.JPG
P1260350.JPG
P1260351.JPG

「毎度ありがとうございます」の言葉を見たの久し振りだ・・・。なんだか嬉しくなっちゃうねぇ、日本語が恋しいウチにとっては。

P1260352.JPG

警察官。

P1260353.JPG
P1260358.JPG
P1260359.JPG
P1260360.JPG
P1260362.JPG
P1260363.JPG
P1260364.JPG

日本人会。

P1260368.JPG
P1260377.JPG

2014年成人式の司会を務めるウチ?。

P1260365.JPG
P1260366000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

地球の裏側で見るとは思わなかった、高校以来11年振りに見た「学校だより」。懐かしいなぁ、ホントに。。。

P1260383.JPG

地球の裏側にある日本の第二故郷、パラグアイのイグアス移住地の日本人会に訪問した記念にピース。

P1260385.JPG

放置されたままの屋台?。

P1260386.JPG

イグアス移住地、日差しが強過ぎでめっちゃ暑い。。気温35度以上はあるんじゃないかな?

P1260387.JPG

晩飯は福岡旅館のとこにあるうどん屋へ。

P1260388.JPG
P1260389.JPG

福岡旅館の食事メニュー。

P1260390.JPG

おおーっ!!無料の麦茶サービスがあるなんて、、、。南米だとなかなか無料水サービスはお目にかかれないです、やっぱ日本はいいねぇ。笑

P1260391.JPG
P1260392.JPG

日本の雑誌や本、テレビまで日本番組がある。

P1260395.JPG

7ヶ月振りに食べた鍋うどん。(15000G、300円で安っ!)

P1260397.JPG

こちらは手作りギョーザ。(7000G、140円)

P1260393.JPG

うどん屋の店主。聞いた話だと、50年前までは九州にいたが、嫁探しの為にわざわざ地球の裏側・イグアス移住地へ移住したんだとか。(;^_^A (←嫁探しの理由で地球の裏側に移住するなんてスゴ過ぎる!)

P1260398.JPG

南米版の醤油。味は日本に近いですが、質は少し劣るかな・・・。

P1260401.JPG
P1260406.JPG
P1260414.JPG
P1260416.JPG
P1260410.JPG

さて帰りますか。

P1260431.JPG

宿の経営をしている日系三世のミユキさん。


ミユキさんは前に北海道の白石に10ヶ月住んだ事があるという。


ウチはイグアス移住地の歴史を知りたくて色々質問してみた。


で、ミユキさんの回答によると、

イグアス移住地に住んでいる日本人はパラグアイと日本二つの国籍を持っていて、パラグアイと日本どっちか住む事が可能だという。

パラグアイ政府は多くの日本人移住を歓迎しているようで、今も移住募集をしているみたいだとか。

しかし、イグアス移住地はほとんどが農業で、それ以外の仕事はあまり無いらしく、高校卒業した日系人は日本へ行って働くのが一般的な流れになっているという。

が、今は福島原発や津波の関係で日本に行きたくない、仕事が無くてもイグアス移住地にいた方がマシだという日系人が増えているそうだ。(;^_^A


そこで日系三世のミユキさんに肝心の質問をしてみた。


「イグアス移住地に住んでいるろう者はいますか?」と。


すると、ミユキさんは

「ううん、イグアス移住地にろう者と含めて障害者が住んでいる住人はゼロよ。」


ほわい?!


話によると、パラグアイは福祉が進んでいない為、イグアス移住地にいる障害者(ろう者も含む)日系人全員、日本に移住して暮らしているんだとか...。

まじっすか。。イグアス移住地はろう者にとっては住みにくい環境なのかもしれませんね...(ー ー;)


実は、南米移住で日系人の悲しい歴史があった。

P1260061.jpg

アスンシオンの内山田ホテルに泊まった時に読んだイグアス移住地の歴史についてを簡潔に載せておきます。


まず、南米への移住は戦前から始まった。

南米各国は農業関係で労働者人数不足により、世界に移民募集が行われたという。

戦前の日本は経済的に貧しかった為、出稼ぎとして多くの日本人がいつか日本に戻る夢を見ながら南米へ移住した。


南米の中で一番多く移住したのがブラジルで、100万人以上。


戦時中は南米在住の日本人が一番辛い思いをした時代だった。

当時のアメリカは南米と繋がりが強かった為、南米在住の日本人に財産没収、収容所へ連行、反日差別などが実施された。

そんな苦境の中、いつか日本に帰れるのを信じて耐え続けてきた。

または戦争で日本の勝利を信じて南米在住の日本人達が集めた資金を終戦まで日本へ送り続けた。


しかし、


日本は無条件降伏し、敗戦に決定した事により、南米在住の日本人達はもう日本に帰ることが出来なくなってしまった。

南米に取り残された日本人達は涙を流して日本を諦めて南米に定住すると覚悟を決めたという。


戦後、焼け野原になった沖縄は出稼ぎと新天地を求めて多くの沖縄県民が南米へ移住。(ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ブラジル)

南米へ移住した日本の中で一番多かったのが何と沖縄県民だった。

南米の中で奴隷並みの労働環境で過酷だったのがペルー。

何人かの日本人労働者はペルーを脱出してビザ無しで住める、移住天国のアルゼンチンへ移住したという。

戦後の日本は平和になり、高度経済成長すると、南米への移住者は激減し、逆に南米から日本へ戻る日系人が増加。


そして現在、


日本から世界へ移住が可能な国はアメリカ、オーストラリア、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジル。

それ以外の国は帰化して国籍を変えるか、永住権のビザを申請する...などなど。

特にパラグアイ、日系人が農業で大豆を生産し、大豆輸出国へ導くなどパラグアイ経済に貢献した事により、パラグアイ政府は日系人の存在を認められ、今後も日本人移住を大歓迎しているという。


日系人は祖国を想いながら異国の地で色々苦労したと思うと涙が出そうになってしまいました。(;^_^A


日系人の歴史、学校の教科書に載せばいいのにな...。とつくづく思ったウチであった。

おわり。


posted by ナガタカ at 15:18| Comment(0) | 世界一周旅行記・南米編 パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。