2014年01月30日

2013年の思い出。(前編)

あと1日で1年が終わる...。

2013年の1年を振り返ってみると...

2222.jpg

2012年12月31日 札幌市内や札幌聾同窓会で何人かは15、16年振りに再会を果たせて感動。

1月

111111.jpg
11111111111111.jpg

今年初の雪山登山デビュー、北海道の紋別岳(標高830m)山頂で新年を迎える。

11111.jpg

同級生メンバーで久し振りの同窓会、サプライズでkの出産祝い。

22.jpg
2222222.jpg

厳冬期の木曽駒ヶ岳(標高2956m)に登山するが、悪天候により撤退。

12.jpg

冬季関東ろう大会、初滑り優勝を飾る。


2月

222222222.jpg
(厳冬期の木曽駒ヶ岳、標高2956m山頂)
333.jpg
(唐松岳登山中 標高2696m)

雪山登山にハマり、日本を発つ前での間に日本アルプスに登ろうと決意し、厳冬期の木曽駒ヶ岳(2回目でやっと登頂)、唐松岳(強風により撤退)に登山。


3月

123.jpg
(八ヶ岳にある東天狗岳の前 標高2646m)

112.jpg
(金峰山 標高2599m)

12345.jpg
(乗鞍岳 標高3026m)

残雪期の金峰山、東天狗岳(ホワイトアウトで撤退)も登り、そして人生初の雪山3000m級の乗鞍岳(標高3026m)に登頂。

1234.jpg
121.jpg

岩根山荘で人生初めてアイスクライミングを体験。


4月

14.jpg
1231.jpg
1121.jpg
66.jpg
(永田岳 標高1886m)

343.jpg
(宮之浦岳 標高1936m、九州地方最高峰)

鹿児島の屋久島に遠征し、永田岳と宮之浦岳に登山。


5月

232.jpg

屋久島に続けて種子島旅行。


6月

会社の上司に退職届を提出。が、有給消化の件で上司と揉める。

人事課を通して上司に「労働基準法監督署に行って相談します」と脅したら、すんなりと認め、一括有給消化する事に成功。

221.jpg

3日間酵素ジュースのみの断食ダイエットでー6kg減に成功。

098.jpg
(四万温泉)
113.jpg
212.jpg
(清里、北八ヶ岳)

それぞれの群馬仲間と群馬県四万温泉、長野県清里旅行。

231.jpg

神奈川県根府川でダイビング、人生初の海の中で20代最後の誕生日を迎える。

544.jpg
567.jpg

7年振りに後輩と再会、東京都・猿島の旅に出る。

7月

34.jpg
(硫黄島)
2421.jpg
(父島)

小笠原諸島の船旅で悲願の太平洋戦争の激戦地、硫黄島とご対面を果たす。

2111.jpg
456.jpg
1245.jpg
(石鋸山(天狗岳)標高1982m、西日本最高峰)
2221.jpg

四国一周の旅で西日本最高峰の天狗岳に登山。そして2年振りにセトーと再会を果たす。

33.jpg
354.jpg
(奥穂高岳 標高3190m、北アルプス最高峰、日本で3番目に高い山)
3333.jpg

単独で北アルプス最高峰の奥穂高岳に登頂。

321.jpg
432.jpg
3213.jpg
(仙丈ヶ岳 標高3033m)

666.jpg
(間ノ岳 標高3189m)

564.jpg
(北岳 標高3193m、南アルプス最高峰、日本で2番目に高い山)
6666.jpg

4日間の南アルプス縦走で仙丈ヶ岳、間ノ岳、北岳に登頂。

北アルプスの奥穂高岳に登頂してやっと日本で1〜5番目に高い山を制覇。(富士山、北岳、奥穂高岳、間ノ岳、槍ヶ岳)

332.jpg
(赤岳 標高2899m、八ヶ岳最高峰)

八ヶ岳の赤岳に登頂し、やっと北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳に登山し終えた。(細かい山はまだまだですが...)

2112.jpg
12312.jpg
665.jpg
323.jpg

そして北アルプス最後の納めとして、ウチの好きな蝶ヶ岳に登山し、山頂で槍穂高連峰の夕陽絶景を見て涙をこぼし、長野県と別れる。


会社を退職。

00.jpg
99.jpg
5678.jpg
5467.jpg
000.jpg
76.jpg
3214.jpg
33333.jpg
1111111111111111.jpg
550311_712110468823157_694413565_n.jpg
1502476_712110405489830_2068448863_n.jpg
0987.jpg
765.jpg
08.jpg

色々な思い出を走馬灯のごとく思い出しながら10年間過ごした第二故郷の群馬県と別れる。

214.jpg

そして東北の旅をしながら故郷の北海道を目指して北上し、そして青森県八戸フェリーで本州を離れる。


8月

6657.jpg

10年振りに故郷・北海道に帰還。

5555.jpg
66666.jpg

ウチの同級生と送別会。

89.jpg
554.jpg
878.jpg
4344.jpg
0009.jpg

旅の人生原点回帰として12年振りに自転車1人旅で日本本土最北端の宗谷岬を目指して旅に出る。
が、ケツ割れに苦しんで挫折しそうになるが、3日間の苦境を乗り越えて日本本土最北端の宗谷岬に到達。

65.jpg
8.jpg
998.jpg
54674.jpg
7654.jpg

東京で予防接種した後に飲み会、ウチの幼なじみと昔話、北海道の友人と色々語ったり・・・。

988.jpg
788.jpg

数十年振りに高校と中学の母校に訪問し、お世話になった校長や先生方に「会社を辞めてしまってごめんなさい、夢を実現しに世界一周の旅に行ってきます」と挨拶。

556.jpg
(トムラウシ山 標高2141m)
656.jpg
(旭岳 標高2291m、北海道最高峰)

日本を発つ前に登ってみたかった秘境のトムラウシ山と北海道最高峰の旭岳に2日連続登山し、ヒグマに怯えながらも何とか無事に登頂。

前半の中で7月が1番忙しかったなー。(;^_^A

引越し日が迫っているというのに、1ヶ月の間に海、山、島、四国一周の旅をしてしまうなどハードな旅だったな・・・。(;^_^A

後編につづく。


2013年の思い出。(後編)


前編の続き。

http://nagataka-world.seesaa.net/article/386426415.html

9月

0000.jpg

ずっと行きたかった悲願の世界一周の旅の夢を実現。

台風が成田空港に接近してきてヒヤヒヤするのも何とか日本を発ち、カナダ最北端から旅スタート。

10月

1.jpg

一ヵ国目のカナダでいきなりジャケット盗まれる。

3.jpg

初海外登山、トンネルマウンテン(標高1680m)に登頂。

2.jpg
4.jpg
(カナダ)

5.jpg
7.jpg
(メキシコ)

6.jpg
(キューバ)

8.jpg
(グアテマラ)

9.jpg
10.jpg
(ベリーズ)

ー訪問地ー
カナダ(オーロラ、モレーン湖、カナディアンロッキー山脈)、メキシコ(カリブ海、テオティワカン遺跡)、キューバ(ゲバラの故郷)、グアテマラ(ティカル遺跡)、ベリーズ(ブルーホール高過ぎで断念)。

11月

11.jpg

カナダ最北端を発って1ヶ月後、ようやく赤道に到達。

14.jpg

エクアドルで地元ろう者と出逢い、エクアドルと日本ろう者国際交流を実現。

12.jpg
13.jpg

人生初の4000m級のピチンチャ山(標高4696m、エクアドル)に登頂。



ガラパゴス諸島行きの飛行機、朝っぱらからいきなり欠航に。

15.jpg

ガラパゴス諸島、アシカ大群の前で昼寝を試みようと近づけたら、アシカはキレて威嚇、追いかけられる羽目に。

18.jpg
17.jpg
19.jpg
16.jpg
(ペルー)

21.jpg
24.JPG

人生初の6000m級の山、ワイナポトシ山(標高6088m、ボリビア)に登頂。

23.jpg
22.jpg

登頂だけ体力全部使い果たし、頂上で力尽きたのは人生初めて。まじでもう生きて帰れないかと思った。

20.jpg
27.jpg
34.jpg
(ボリビア)

ー訪問地ー
エクアドル(赤道、ピチンチャ山(標高4696m)登頂、ガラパゴス諸島)、ペルー(マチュピチュ遺跡、ティティカカ湖)、ボリビア(チャルカタ山(標高5400m)、ワイナポトシ山(標高6088m)、ウユニ塩湖)。

12月

29.jpg
(チリ)

31.jpg
32.jpg
30.jpg
25.jpg

イースター島でまさかの肺炎。(喘息)

呼吸困難が1週間も続いて死ぬかと思った。

26.jpg
33.jpg
マップ.jpg

カナダ最北端からスタートして3ヶ月でようやく世界最南端都市ウシュアイアに到達。

ウシュアイアの夜、寝てる最中にまさかの金縛りに遭う。目は起きているが、身体は全然動けず。(3分位続いた)

28.jpg
(チリ)

ー訪問地ー
チリ(アタカマ砂漠、イースター島、ペンギン営巣地)、アルゼンチン(パタゴニア、ウシュアイア)。


2013年は前半は日本の旅、後半は世界の旅。

こんなに忙しい旅をしたのは今まで生きてきた中で人生初めてかも。

しかも、何年に経ってもなかなか行けない場所でさえ簡単に行けちゃうし、したかった夢が次々と実現しちまっている。

簡単に叶ってしまっていいのか?と少し不安でしょうがない自分がいる。

→幸運を使い果たしてしまうんじゃないか?と...。(;^_^A

現時点ではまだ世界一周の途中ですが、暫定としては今年が今まで生きてきた中で1番人生最高の1年でした...!(T_T)

これこそが20代最後に相応しい思い出。

ー2013年旅の思い出BEST5ー

34.jpg

第5位...小笠原諸島の船旅、ずっと行きたかった、念願の硫黄島とご対面。(硫黄島クルーズは1年に1度、7月1週目しか運行してない。)

2.jpg
3.jpg

第4位...カナダの旅。オーロラ絶景の前で昼寝出来たのが嬉しかった。笑 特にモレーン湖は鏡のようにキラキラ輝いていて凄いキレイだった。マジで湖に飛び込んで泳ぎたいと思ってしまったほどだ。または初海外登山で香港人と一緒にMAP無しでトンネルマウンテン(標高1680m)に登山するという体験は実に新鮮で楽しかった。

0009.jpg

第3位...12年振りの自転車1人旅。日本本土最北端を目指して突っ走るが、ケツ割れが1番苦しくて危うく挫折しかけた。7年振りに日本本土最北端の宗谷岬と再会を果たし、ケツ割れの苦しみを乗り越えて最後まで走り切った達成感と同時に泣いてしまった。

25.jpg

第2位...イースター島(チリ)の旅。5年前、ある諸事情によりイースター島の旅が白紙になり、もう行けないと諦めていたイースター島の旅の夢がが今やっと実現し、念願の15体モアイとご対面を果たせて感動。

24.JPG

第1位...今まで生きてきた人生の中で一番苦しかった山、アンデス山脈・ワイナポトシ山(標高6088m、ボリビア)の旅。

標高5000m〜6000m級の空気の薄い世界に苦しむ、細長い稜線上でガイド達と揉める、登山中に絶望して泣く、登頂だけ体力全部使い果たし、頂上で力尽きて倒れる。

どれも人生初めての経験で、今思い出すだけで涙が出そうになる。

死に物狂いで登頂したワイナポトシ山頂から見たアンデス山脈の絶景は地上では観れない、想像以上に美しくて「死ぬ気で登ってきて良かった。」と泣いてしまった。

1番印象に残ったのが人生初めて外人とザイルを組んで登山。

耳が聞こえなくても、言葉が通じなくても、ザイルがあれば通じる。

ザイルがあればコミュニケーションが出来る。

登山に国境や国籍なんて関係ないんだなぁと思い知った。
※写真21〜25(特に25の写真、変顔になってました、とほほ...(ーー;))

ーーーーーーーーーーーーーーー
今年は濃い1年でしたが、2014年は1年中旅する予定なので、今年以上の思い出が出来るのを期待したいです。(笑)

今年1年お世話になりました、来年もよろしくお願い致します。 皆さん、良い年でありますように!

2015年01月23日

2014年の思い出 その1(2014年1月〜2014年3月編)

世界一周記事投稿途中に割り込んでしまってすいません。(^_^;)


2014年を振り返ってみると・・・


ー1月(南米編)ー

 <チリーアルゼンチン>

P1230540.JPG
P1230738.JPG

世界最南端ホーン岬を目指して向かったのだが・・・

P1230727.JPG

地球上で最も荒れる海、チリー南極の間にある名物のドレーク海峡による海の大荒れで大型船が思いっ切り揺れていてゴムボートでの上陸は危険だと船長が判断し、やむを得ずホーン岬上陸を断念・・・。(T_T)

これで世界最南端ホーン岬上陸の為に払った17万円が水の泡になりました、はい。(泣)

P1230715.JPG

念願のホーン岬上陸まであともう少しだったのになぁ・・・。無念。

P1240091.JPG

ホーン岬に上陸出来なかったけど、船でホーン岬に到達したという事で、世界最南端ホーン岬到達証明書をゲット。

P1230822.JPG
P1240170.JPG
P1240247.JPG

12万匹のマゼランペンギンが生息するマグダレナ島にてマゼランペンギンに噛まれる。

<パラグアイ>

P1260323.JPG
P1260370.JPG

パラグアイといえば多くの日本人が住んでいるイグアス移住地。

<ウルグアイ>

P1250425.JPG

世界遺産のコロニア・デル・サクラメント町のとこで昼寝。

<アルゼンチン>

DSCN0064.JPG

首都ブエノスアイレスにある、どんな動物でも触れる事が出来る、世界一危険な動物園ー”ルハン動物園”にて百獣王ライオンの前でスリリングな昼寝。 なんか罰ゲームをやらされている気分だ。。(-_-;)

<ブラジル>

P1260564.JPG
P1260725.JPG

世界三大瀑布&世界最大の規模を誇るイグアスの滝。

P1090831.JPG

オデジャネイロ名物のコルコバードの丘に建つキリスト像のとこでブラジル人美女とツーショット。

P1270124.jpg

さすが美尻大国なんだなあと頷いてしまう程、美尻の持ち主のブラジル人美女が多くてビックリ。(;^_^A 目の保養になりました、はい。

P1270538.JPG

サンパウロにある東洋人街。

P1270699.JPG

ブラジル名物の高級シュハスカリアをご馳走。

 ー2月ー

<ボリビア(2回目)>

P1270962.JPG

南米のボリビアにある日本の沖縄の第二故郷、秘境のコロニア・オキナワ村。

P1280707.JPG
P1090998.JPG

世界最大を誇る天空の鏡張りのウユニ塩湖。

P1280942.JPG
P1280982.JPG
P1290052.JPG
P1290058.JPG

ウチが探し求めていた、”究極の昼寝”?!

<アルゼンチン(3回目)>

P1290719.JPG

死ぬまで一度は逢ってみたかった、憧れの南米最高峰アコンガクア山(標高6962m)へ。

P1290761.JPG

ウチのアホなミスでテントが燃えてしまった。焦って必死に手で何とか消火するのも、残念ながらテントは大穴があいてしまい、登る前に心が折れそうになった・・・。(泣)

P1290902.JPG
P1290939.JPG
P1290968.JPG

人生初めて見た南米最高峰のアコンカグアは想像以上に迫力があって美しい山容だった。

P1290956.JPG

単独トレッキング、2日間かけてアコンカグア南壁ビューポイント(標高4000m)に到達。

 
 〜オセアニア編〜
<オーストラリア>
P1300991.JPG

人生初めてのオセアニア、オーストラリアのシドニーに上陸。

P1310052.JPG
P1310105.JPG

シドニーの夜景は美しかった。が、、物価があまりにも高過ぎで財布が枯渇しかけそうになり、行こうかなと思っていたエアーズロック登山を断念して早急にオーストラリアから脱出する事に・・・。(-_-;)


〜東南アジア編〜

<シンガポール>

P1310386.JPG

当時27歳誕生日の時にシンガポールに訪れて以来、実に2年振り。そして、ようやく逢えました、肝心のマーライオンが。。。苦笑(2年前は肝心のマーライオン逢いに行くのを忘れたまま帰国してしまった為)

P1310381.JPG

マーナガタカ?!

 −3月ー

<マレーシア>

P1320074.JPG
P1320174.JPG
P1320183.JPG

東マレーシア・ボルネオ島で世界一大きな花&臭い花・ラフレシアを噛むウチ?!

P1320517.JPG
P1320582.JPG
P1320607.JPG
P1320587.JPG

海外登山6座目、東南アジア最高峰のキナバル山(標高4095m)に登頂。

P1320594.JPG

影キナバルが見れてラッキー。

P1320616.JPG
P1320619.JPG

頂上付近のテーブル上の岩稜、奇岩群が独特の上に景色が幻想的で美しく、登山者を魅了してやまないのが東南アジア最高峰キナバル山。

P1320620.JPG

ガイドのワンさんとウチ。

<ブルネイ>

P1330185.JPG
P1330240.JPG
P1330307.JPG
P1330314.JPG

ブルネイ名物の黄金モスク。

P13302470.jpg

イスラム教史上初?!モスクの上で昼寝。

<台湾>

P1330637.JPG
P1330625.JPG

ウチの大好きな小籠包。

P1330629.JPG
P1330628.JPG

美味すぎるあまりで気が付けば、合計40個以上の小籠包を食べてしまった・・・。(汗)


ー半年ぶりに日本に帰国ー

P1330976.jpg

旅行期間:6ヶ月、訪問国:18ヵ国ー世界一周前半の旅を終えて半年ぶりに日本に帰国。

ただいまです、ニッポン!!

1549471.jpg
(※画像をクリックすると拡大します)

世界一周前半のルート。

P1340145.JPG
P1340113.JPG

4日間?沖縄でのビーチでボーっとしながら海を眺めたり、ゲストハウスの部屋でゴロゴロしたり・・・。

P1340330.JPG

その後は関東に行って久し振りに多くの友人と再会してワイワイした後にわが故郷の北海道に帰還。


4月〜8月編へつづく。

2014年の思い出 その2(2014年3月〜2014年8月)

2014年3月に帰国した後は・・・・


−3月ー

10154150_743705632330307_297928307_n.jpg
1619465_743705648996972_1571247983_n.jpg
10153776_743671405667063_945718356_n.jpg

北海道の支笏湖近くある風不死岳(標高1103m)に久し振りの単独登山。

10006601_743671742333696_102270202_n.jpg
1503218_743671775667026_1585108433_n.jpg
1891122_743671762333694_699106115_n.jpg

同じくも漁岳(標高1317m)に単独登山。

P1340722.JPG
P1340750.JPG
P1340895.JPG
P1340822.JPG
P1340840.JPG

積雪期最後の山、恵庭岳(標高1320m)に単独登山。



ー4月〜6月ー

ランニング、ウエイトトレーニング、水泳など筋力と心肺強化。

ー4月ー

10314475_760898063944397_2589221362937093714_n.jpg
10154078_760898187277718_163631780955855925_n.jpg

22歳に道東の旅して以来、実に7年振りに日本本土最東端に到達。(3回目)

ー5月ー

10330494_764538516913685_4481441595407217058_n.jpg

群馬の友人、うっちーと2人で北海道ドライブ。

1544550_763579613676242_4672454746185456697_n.jpg
10264440_763580097009527_7488480294417887916_n.jpg

北海道の拓山会メンバーと一緒に残雪期の余市岳(標高1488m)に登山。帰りはスキーで帰りました、はい。

ー6月ー

10440834_780243208676549_4325244831698334696_n.jpg

北海道の支笏湖近くある樽前山に登山。

ー7月ー

10477938_794774010556802_4593256332648609671_n.jpg
10314553_794774023890134_8280550234622280973_n.jpg

日本最北の利尻島と礼文島に遠征、オカンと一緒に利尻山(標高1721m)に登山。

10354813_794774043890132_2825383334933087538_n.jpg

日本最北端の利尻山山頂でウチの誕生日を迎える。こうして20代最後を終え、今日から30代に突入。

10450744_794774100556793_1214194650413856090_n.jpg
10464192_794774127223457_3624852704100705321_n.jpg

ついでに、日本最北限の地、スコトン岬に到達。

10429453_794774157223454_5243130790145098092_n.jpg

おまけ。

IMG_0452.JPG
IMG_0464.JPG
S__5234887.jpg

札幌モエレ沼公園マラソン大会(10km)に参加し、(小学生以来20数年振り!!)選手やギャラリーにプロジェクトPR。看板を持ちながら走ったせいなのか、タイムは1時間7分とメチャ遅かった・・・。汗

S__5234877.jpg
P1360298.JPG

千葉ろう交流会に参加し、久し振りの友人との再会を懐かしんだ。

10553513_809907482376788_5248052909964299291_n.jpg

旭川ろう交流会に参加してワイワイした後に大雪山に向かい、

P1360400.JPG
P1360419.JPG
P1360446.JPG
(桂月岳)
P1360495.JPG

拓山会メンバーと一緒に大雪山系・黒岳(標高1984m)と桂月岳(標高1938m)に登山。(登山靴を忘れてしまい、サンダルのままで登ったのは内緒で...)

P1360580.JPG
P1360594.JPG
P1360611.JPG

夜は竹内顧問と合流して拓山会の晩食会を実施。その後の翌日に10年振りにスキー後輩と再会し、昔話でもして花を咲かせた。

ー7月下旬ー

P1370063.JPG

高度順応トレーニングとして南アルプス遠征。

P1370045.JPG
P1370151.JPG
P1360974.JPG
P1360933.JPG
P1370150.JPG

5日間、日本で2番目に高い山、標高3193mの北岳付近にテント泊で引きこもりながら北岳4回、間ノ岳(標高3189m)1回登山。(2つの山も1年振り。)

S__5234861.jpg

北岳頂上でスキー仲間と再会を果たせて嬉しかった。

ー8月ー

P8130141.JPG
P1000190.JPG

世界遺産・北海道知床半島最高峰の羅臼岳(1660m)に登山。

P8130123.JPG
P1000161.JPG

人生初めて見た北方領土・国後島。

P8200024.JPG
P1000274.JPG
P8210186.JPG
P8210139.JPG
P8210178.JPG
P8220213.JPG
P1000356.JPG

最後の登山、3日間、日本最高峰の富士山(標高3776m)山頂に引きこもる。(1日目は富士宮ルート、2日目は須走7合目まで下りて再び須走ルートで登山、3日目は富士宮ルートで下山)

P8210190.JPG

富士山山頂で講演資料作成・・・・。(^^;

−8月下旬ー

P1000204.JPG
P1000215.JPG

拓山会がウチの為に送別会を開いてくれた上に世界一周後半に向けての激励の言葉を頂き、感動感激!!

P1000223.JPG
P1000227.JPG

この後は友人とワイワイして思い出を作った後に北海道を去る。

P8230257.JPG
P8250292.JPG
P8230251.JPG
P8230255.JPG
P8260323.JPG

最後の仕上げに三浦ドルフィンズで低酸素トレーニング。(標高4000〜5000m高度順応)

P8260325.JPG

偶然にも低酸素トレーニング室で梶原さんと再会。(^^;

P8260327.JPG

その後の夜は同級生のマツと一緒に呑みながら互いの目標を語ってワイワイ。

10606508_570975906348011_5822646654493096391_n.jpg
P8230276.JPG

週末に登山趣味仲間の呑み会に参加。

P8240289.JPG

”SIGN WITH ME”手話カフェで「なぜ山に登るのか?」をテーマにして講演。

P8270328.JPG

幼馴染のとーや。東京で色々お世話になりました、ホントにありがとうございました・・汗


9月〜10月編へつづく。

2014年の思い出 その3(2014年9月〜2014年10月)

−9月ー

P8270347.JPG

1人旅で世界一周後半スタート。(2014年8月27日出発)

では行ってきまーす。

ー9月 ヨーロッパ編ー

<フランス>

P9010903.JPG
P9010955.JPG

海外登山7座目、西ヨーロッパ最高峰のモンブラン山(標高4810m)登山にチャレンジ。

P9021023.JPG
P9010952.JPG

モンスターガイドのハイペースに無理やり付き合わされたお蔭で軽度の高山病に・・・。キツイ、きつい。。。

P9021121.JPG
P9021085.JPG

標高4362mのバロ避難小屋で強風が止むまで40分位待つが・・・・

P9021095.JPG

結局は強風が止まない上に天候が悪化したことにより、モンブラン頂上まであと500mで無念の撤退する事に。(T_T)

P9021109.JPG

人生初めてのヨーロッパの山で高く登ったのが標高4362m地点でした。今度は単独でリベンジしたいです。

P9021148.JPG
P9021134.JPG

下山の際に影モンブランが見れてラッキー。

<スイス>

P1000981.JPG
P1010094.JPG

海外登山8座目、単独でマッターホルン登山にチャレンジ。

P9070089.JPG
P9070090.JPG

かなりスリリングのある登攀で楽しめた。(めちゃビビったけど。)

P1000776.JPG

自己最高標高3400mに到達。これ以上は無理です、ヘルメットとハーネス等は装備していませんので・・・。(^_^;) 

P1000866.JPG

今度はちゃんとした装備で単独で頂上アタックにチャレンジしたいです。

P1000614.JPG

うん、いい眺めですた。


<ロシア>

P1010266.JPG

ロシアのサンクトペテルブルク市内にて日本の群馬で逢って以来、1年半振りにアレキサンダーさんと再会を果たす。

P1020916.JPG
P1030287.JPG
P1020954.JPG
P1020342.JPG
P1030014.JPG

サンクトペテルブルク市内で群馬仲間と再会を果たし、群馬仲間と一緒に旅しながらロシアのサンクトペテルブルク、ルイビンス、ヤロスラヴリ、モスクワを周る。少しだけロシア人美女に囲まれてウハウハになってしまったことも・・・。(^_^;)

P1030317.JPG

今まで旅して来た中で一番感動&切ない別れのシーンだった。

<ポーランド>

P9241775.JPG

首都ワルシャワの旧市街。

P1030470.JPG
P1030400.JPG
P1030406.JPG
P1030493.JPG
P1030623.JPG

負の世界遺産、アウシュヴィッツ&ビルケナウ強制収容所。

P1030572.JPG

あ、人生の終着駅だ・・・。

その後はポーランド国境・ザコパネで2日間下痢・・・。


ー10月ー

<スロバキア>

P1030658.JPG
P1030742.JPG
P1030783.JPG

ヨーロッパ最大級の大きさがある廃墟の城、”スピシュー城”。

PA042368.JPG

スロバキア人子ども達はとても可愛い。


<ハンガリー>

P1030827.JPG
PA072762.JPG
PA082912.JPG

ハンガリー名物のセーチェニ温泉にて地元人相手にチェックメイト?!

P1030843.JPG

海外登山9座目、ハンガリー最高峰のケーケス山(標高1014m)に登頂。わずか5分の山行でしたが・・・

P1030865.JPG

うん、山頂からの景色眺めはバッドです・・・。(-_-;)


<ベルギー>

P1030977.JPG
P1040302.JPG

日本代表の小便最強コンビ。

P1040264.JPG
PA113273.JPG

ベルギーでウチと同じ旅友、世界一周中のイトー夫婦と再会を果たし、一緒にベルギー名物のチョコレートとワッフルを食べ荒らした。(ベルギー製ビールも美味かったな、うん・・・。)


<オランダ>

P1040395.JPG

海外登山10座目、オランダ最高峰のVAALS山(標高322m)に登頂。

海外登山して来た中で一番めちゃくちゃ低い山だった・・・・。

P1040423.JPG

オランダ、ドイツ、ベルギーの分岐点。

P1040534.JPG
P1040527.JPG
PA143642.JPG

世界一高い人口壁、エクスカリバータワー(標高37m)に登頂。

PA143651.JPG

パートナーのトムさん。


<ポルトガル>

P1040701.JPG
P1040705.JPG

去年9月に日本を発って1年1ヶ月かけてユーラシア大陸最西端ロカ岬に到達。

P1040721.JPG

到達した瞬間、「これでウチの旅は終わったんだ...」と錯覚してしまいそうになった。(旅はまだ終わってないのに。)

ロカ岬から見た海の地平線がスゴく丸くなっていて、「ああ、地球は丸かったんだな...」と改めて実感。

P1040738.JPG

その後はユーラシア大陸最西端ロカ岬で海を眺めながら人生についてを色々考えてしまった。

内容は下記通り。↓↓↓↓↓

去年日本を発つ前まではー

サラリーマン時代は上司に怒られたり、納期に迫られてプレッシャーと戦いながら残業に追われたり、毎回旅行や登山目的で休暇申請する度に

「そんなに旅するの?」

と上司が呆れた顔をして職場の空気が険悪化してしまう事がしばしばあって、なかなか休暇取りにくかったり...。

こういう環境に過ごして来た自分はー

”世界一周の旅”は

自分にとっては

とっても遠い、手の届かない、下手にしたら夢のままで終わるんじゃないかなー?と思った位、遠過ぎる夢でしかなかった。

そして会社を辞めて世界一周の旅に出る事になったウチは


”長年の夢が叶った、人生は一度きりだから、悔いのないように世界を周ろう。”と。


実を言うと、世界一周を終えたら ”旅人”を卒業しようと思っていた。

が、


現実は違った。


何これ、こんなに素晴らしい絶景と出逢える場所があったなんて知らなかった、またいつかは行ってみたい、また食べてみたい、登ってみたい、泳いでみたい...etc 毎回、国に訪れる度に未練が増える一方。

さらに、こんな事も考えてしまった。

国に一回訪れて満足して終わりって、なんか次の楽しみが無くなってしまうのがスゴく勿体無い気がした。

だから、国ごとに旅は中途半端に終わらせようと。

中途半端に終わらせてしまえば、国ごとに未練が出来るから、旅はまだ続けられる。

その方が、世界一周だけで終わらせず、また世界二周、三周、四周....まだまだ周り続ける事が出来る。勿論、テーマを変えながら。


世界一周の旅の終わりこそが、次の世界二周への旅の始まり。


いつの間にか、


”人生は一度きり。だから、悔いのないようにしたい事をして満足して終わりたい”

という考えから、


”一度だけで終わらせたくない、死ぬまで一生、人生を楽しみ続けたい。”


といった下品な考えへ変わってしまっている自分がいた。

どうやら世界一周しただけで旅人を卒業するのは無理っぽい。。汗

ということで、死ぬまで未来永劫、生涯旅人として生きていく事にしました、すいません。(当然、サラリーマン復帰しますけど。)

正直言って、世界一周してよかったのか?自分でもよくわからない。


少し後悔している自分もいる。


まるで世界一周という禁断のパンドラの箱を開けてしまったみたいで、次から次へと新しい目標がどんどん出てきて人生の歯車が全然止まらない...。(その例が海外の山)

もし禁断のパンドラの箱を開けなかったら、大海を知らないまま一生、井の中で社畜として定年まで働きながら刺激のない平凡な人生を送っていたと思う。

大海を知らない、いつもと変わらない日常の平凡な生活が一番幸せだったのかな...としばしば考えてしまう、
”禁断のパンドラの箱を開けるんじゃなかった”と。

いや、元々好奇心の強い自分が禁断のパンドラの箱を開ける運命だったのかもしれない。

パンドラの箱の呪いが解けるとしたら、自分の寿命が尽きた時だろう。

パンドラの箱に呪われてしまった以上、どうする事も出来ないので、とりあえずは命が尽きるまで生涯、旅人として世界の山、海、離島、空へ挑戦しながら周っていこうと思います。。(今は山をテーマにして周っている最中ですが。)

どうしようもないウチの生き方を見て、夢(目標)を持つキッカケが出来たら、嬉しいかなと思っています。。


もし地球全部行き尽くしてしまったら、次は宇宙へ行こうかな。


あ、ウチの駄言だー


「人生は一度きり。だが、一度だけで終わらせる必要はない。死ぬまで何度もチャレンジする事が出来るのだから。皆人間は生まれた時から挑戦する資格を持っている。」


意味不明でさぶい言葉でごめんなさい。(;^_^A

PA173949.JPG

ユーラシア大陸最西端到達証明書をゲット。(15ドルもして高過ぎる・・・。汗)


<スペイン>

PA220034.JPG

スペインのバス、ウチの荷物丸ごと入ったまま去ってしまい、世界一周の旅強制終了の危機を迎えてしまう。

PA220046.JPG

結局、無事にウチの荷物が戻ってきたことで世界一周の旅終了の危機をまぬがれて安堵のため息。(-_-;)

PA220130.JPG
PA220106.JPG
PA220118.JPG

スペイン名物のイベリコ豚の熟成生ハムを食べ荒らすウチ。


11月、12月編へつづく。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。