2013年11月14日

人生初の4500m級、ピチンチャ山(標高4696m)に登山挑戦。〜ピチンチャ山編〜6ヵ国目 南米・エクアドル40日目 前編

エクアドル滞在4日目。(世界一周スタートして現在40日目)

昨夜、タクシー運転手が言ってた「テレフェリコ(ロープウェイ)から頂上までに登る事が出来るんだ。」の言葉に引っかかったウチは、ネットで調べてみたら、この山はピチンチャ山(標高4696m)といって、ロープウェイ終点から頂上まで約3〜4時間で登れるという。

日本人旅人のほとんどは頂上まで行かず、ロープウェイ終点まで行って景色を眺めてから帰るようだ。

標高4500m級の山に3〜4時間で登れる山があるなんて、自分にとってはオイシイ話じゃないか!

高度を慣らすのにいい機会だし、1度でもいいからエクアドルの山に登ってみたかったから、やってやろうじゃないか。

という事で、

急きょカナダのカナディアンロッキー山脈にあるトンネル・マウンテン(標高1680m)に登って以来1ヶ月振りの海外登山で、南米でいきなり人生初の標高4500m級の海外登山に挑戦する事になったのである。(;^_^A

P1140985.JPG

朝7時に宿の近くにあるカフェ店で朝食を済ませる。モーニングセットで2ドル。

P1140986.JPG

朝9時過ぎー流しタクシーを捕まえてテレフェリコ(ロープウェイ乗り場)へ15分位で移動、費用は5ドル。

上の画像を見たらわかると思いますが、上に付いているのがメーターで、正規タクシーだというのがわかる。

P1140990.JPG

客席に監視カメラが設置されている。タクシー強盗防止のためなのだろうか。

P1140989.JPG

あれがウチが挑戦するピチンチャ山が・・・。(標高4696m)

P1140992.JPG
P1150248.JPG

ロープウェイ乗車券、ファストパス(順番を飛ばして乗れるやつ)往復で8.5ドル。普通の乗車券だと5ドル。

ウチは普通の乗車券でいいって受付に言ったのに、それを無視してファストパス券にしやがった。

「違うじゃないか!」と文句言うが、受付は「なんだよ、ファストパスでいいじゃないか!」的な返答で強硬の姿勢を崩さない。

スペイン語に限度があるウチはこれ以上文句を言ったらいいのかわからず、仕方なくファストパス券に...。

P1140994.JPG
P1140998.JPG
P1150006.JPG

テレフェリコはロープウェイで一気に3900mに上がるので、いきなり高山病にならないか?ちょっと不安・・・。(インド・レーに行った時に一気に5600mのカルドォン・ラ峠にあがったせいで一発で高山病になったトラウマが残っている)

P1150020.JPG
P1150013.JPG

おおっ・・・これがピチンチャ山!

登山で標高差800m位登るだけなので、費用は1000円以下で済めてありがたい。笑

P1080156.JPG

いざ、出発!

P1150038.JPG

えっ?この格好で登山するの?無茶だろ?!と金髪美女さんに思わず突っ込んでしまった。

「ノー、頂上までは行かないわよ、少し登って帰るだけよ。」と10分位軽く登った後に写真撮って帰ったという。

P1080161.JPG
P1150024.JPG
P1150025.JPG
P1080163.JPG
P1080183.JPG

15分登る度に心臓バクバク。空気が薄いせいなのか、時々、頭がフラフラする。

P1150019.JPG

インドのレーで高山病の怖さを味わった事があるウチは対策として3日間、首都キト(標高2800m)でぶらぶらして慣らしてから、ピチンチャ山(標高4696m)に登る事にしたのだが、ロープウェイで一気に上がった4000mの世界は完全に別世界だった。(;^_^A

P1150040.JPG
P115004700000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

疲れるな、空気が薄いと。

P1150051.JPG

まだまだ遠いな・・・。

P1150055.JPG

このままでは高山病になってしまいかねないので、ゆっくり15分歩いたら休憩、深呼吸、こまめに水を補給。それを何回も繰り返し。

P1080179.JPG
P1150058.JPG

ついに人生初めて越えました、標高4000m地点に。

P1150062.JPG
P1080190.JPG
P1150077.JPG

標高4200mに突入すると、心臓がさらに早い鼓動でバクバク。

P1080197.JPG

10〜20歩登る度にぜぇぜぇ。

P1080198.JPG

何これ、標高3000m峰の北アルプスに何回も登ったのに、まさか標高4000mの世界に通用しないとは。。

P1150091.JPG

疲れた、ちょっとだけ休憩タイム。。

P1150097.JPG
P1080199.JPG
P1150112.JPG

頂上までもう少し??マップ持ってないからわからんが・・・。

P11501110000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

おおっ!いい眺めじゃん。ここまで来たら、もう頂上まで登るっきゃないっしょ!

P1150117.JPG
P1150129.JPG
P1080211.JPG

落ちないように気をつけないと・・・。

P1150120.JPG
P1150131.JPG
P1150132.JPG

空気が薄くて息苦しいウチは4000mの世界で3時間近くも登っていたら、不思議な事に頭フラフラが無くなり、心臓バクバクのスピードが落ちていった。

P1080217000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

どうやら高度順応出来たみたいだ。。

P1080218.JPG
P1150138.JPG
P1150140.JPG
P1150141.JPG
P1150148.JPG

登山開始して3時間半後、ついに頂上まであともう少しとなった。

P1150150.JPG
P1150145.JPG
P1150155.JPG

が、頂上までの道はクライミングに近い岩登りで、ルートを間違えると登攀しかねなくてちょっとビビった。

P1080225.JPG
P1080223.JPG

日本と違ってコース整備されていないので、崖から落ちないように三点支持しながら登山者の足跡を必死に探して登るウチ。

登ってる途中に後ろに振り向くと・・・

P1150149.JPG
P1150152.JPG

お、おおっ・・・・めっちゃいい絶景が広がっているじゃないか、こうなったら頑張って頂上まで登らないと。。

P1150156.JPG

見えてきた、頂上が・・・。

そして、ついに・・・?(後編につづく。)


念願の、人生初の4500m級、ピチンチャ山(標高4696m)に登頂。〜ピチンチャ山編〜6ヵ国目 南米・エクアドル40日目 後編

前編の続き。

http://nagataka-world.seesaa.net/article/380168336.html

P1150158.JPG

あ、あれがピチンチャ山(標高4696m)頂上・・・。

P10802330000000000000.JPG

PM1:30−ナガタカ(29歳)、4時間かけてついに、、、

人生初の4500m級のピチンチャ山(標高4696m)に登頂したどー!!

P1150159.JPG

あれ・・・?時計は安いからなのか、どうも誤差があるみたいですね。。

P11501950000000000000.JPG
P115020100000000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

海外で人生初めて標高4500m級の山に登ったウチは

「日本の富士山より高い山に登ったんだ...。

P1150163.JPG
P10802920000000000.JPG
P1150167000000000000000.JPG
P115019700000000000000.JPG
P1150173000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
P1150162.JPG

それに標高4696m頂上から見たエクアドルの絶景はこんなに美しかったんだ。ましても雲海の上とは。」と

P1150209.JPG
P1150196.JPG
P1080268.JPG
P1080273.JPG

ただ感動。

P1150161.JPG
P1150180.JPG

ピチンチャ山に登ってよかったよ、ウチは。

P1150188000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

P1080286.JPG

人生初4500m級の山に登頂したウチは喜ばずにはいられなかった。

気が付けば、標高4696mにいたウチはすっかり元気になっていて、完全に高度順応出来ていたみたいでした。

P10802470000000000000.JPG
P11502050000000000000.JPG

世界初?の標高4696mの頂上で昼寝。
(※画像をクリックすると拡大します)

P1080262000000000000.JPG
P10802750000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

P1080288.JPG

人生最高の昼寝をしたなーウチは。。

P1150219.JPG

ピチンチャ山は難易度が低いけど、4000m以上の世界になると高山病の戦いになるので、旅ばっかりしていたウチにとってはキツかったです。苦笑

P1150212.JPG

PM2:15−さて、下山しますが、、。っておい、ツアーっぽい団体の参加者たち、ムチャな事をするよな、軽装でド素人達が集まったツアーって・・・。(;^_^A

こないだの岩登りのルートも、安全なとこに登れるといった迂回ルートがあるというのに、ツアーのガイドは「直登で行くぞ!」とツアー客の安全を考えずにムチャなルートで直登されていたなぁ、ツアーの参加者たちは。(^^;;

P1150214.JPG
P1150221.JPG

何を考えているんだろw ああいう服装で登ったからなのか、ズボンのケツは破れかけている。

その後、マップを持っていないウチとMはガスに覆われて一時だけプチ遭難になりかけた。(;^_^A

P1150223.JPG
P1150222.JPG

そこでツアー団体の人達も降りてきたので、そのガイドに道を教えてもらい、何とか無事に下山ルートを発見してホっ。ε-(´∀`; )笑

P1080296.JPG

かなりまいっているツアーの参加者たち。

P1080299.JPG
P1150229.JPG

下山中に少し走って飛ばしたのだが、それはまずかった。

P1150234.JPG

そう、ここは4000mの世界がずっと続いている、ロープウェイ乗り場まで。

4000mの世界を甘くみたせいで少し頭痛が襲ってきた。現時点では軽い頭痛だけなので、何とか下山するウチ。

P1150239.JPG

首都キトの街並み風景。

P1150242.JPG

頭いってー・・・

P1150246.JPG

PM4:30−やった、無事に戻ってきたどー!

P1150247.JPG

危なかった、ガスまみれになる前にロープウェイにたどり着いてよかった。。(^_^;)

P1150249.JPG

首都キトの夜景が見れるみたいだが、ピチンチャ山頂上で絶景をみたのでもう十分だ。。

P1150252.JPG
P1150253.JPG

市内バスは少しオンボロです。。

P1150251.JPG

首都キトのレストランはこんな感じ。

P1080304.JPG

下山後の飯は美味いなー!!(中華料理だけど。)

P1150254.JPG

首都キトの夜景はなかなかキレイなもんだ。。

4500m級の山に登ったウチは次の標高5000m級の山に向けて自信につながったので、次の国で5000m級の山に挑戦したいと思います!

〜エクアドルの山旅〜おわり。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。