2013年11月14日

ダーウィンが唱えた進化論、大陸から隔離された島で独自の進化を成し遂げた動物たちが生息するガラパゴス諸島へ。〜ガラパゴス諸島・サンタ島編〜6ヵ国目 南米・エクアドル41日目 ー前編ー

エクアドル滞在5日目。(世界一周スタートして現在41日目)

P1150256.JPG

AM4:30ー宿主にお願いして予約してもらった送迎タクシーで新キト国際空港へ。(首都キト新市街ー空港まで30ドル。)

次に向かう先は・・・・ダーウィンが唱えた進化論、大陸から隔離された島で独自の進化を成し遂げた動物たちが生息するガラパゴス諸島です!!

マップ111.jpg
(※画像をクリックすると拡大します)

エクアドルのグアヤキルからガラパゴス諸島まで約1000km離れている。

正直言って、ガラパゴス諸島はウチにとって縁の遠い世界で一生行く事はないだろうと思っていたんですよ。それが、、まさか行ける日が来たとは。。(^_^;)

サンドイッチでも食べながら出発知らせの掲示板を見ていたら・・・

P1150259.JPG

「アエロガル航空、9:40はcancelledになりました」

へっ?( ̄Д ̄) cancelled?

ネットで翻訳してみたら・・・

cancelled=欠航

へ?け、欠航?!

ま、マジで?欠航?!

今まで1度も海外の航空で欠航された事がないんだけど、、、。

ど、どうしよう!


しかもスペイン語出来ないウチはどう言えばいいんだろ。。

もし1日遅延となったら、帰りの便もチェンジしないといけないし、、、

まじで焦るウチ。

とりあえずアエロガル航空会社の窓口に行き、

受付に英語で「ウチが乗る便は欠航となったのですか?別の便にチェンジしたいのですが、手続きはどうすればいいですか?私は耳が聞こえません。言語は英語でお願いします。」といった具合で伝えてみた。

そしたら、受付の人は「あそこにカウンターがあるわよ、そこへ手続きして下さい。」と英語の筆談で回答してくれた。

とにかくカウンターに行って順番待ちしていたら、さっきの受付の人がやってきて、カウンターの係員に「あの人は耳が聞こえないそうよ。」と伝えたらしく、

係員はな、なんとウチとMに細かい質問を受ける事はなく別の便への手続きを全部やってくれた上に搭乗入り口まで案内してくれました。(;^_^A

P1150260.JPG

ウチが乗る予定だったアエロガル航空が欠航になった理由は乗客人数不足だからなのか?原因は不明だが、別の航空会社、TAME航空に変更して予定より早い8時50分発の便に乗る事になってホっ。。σ(^_^;)

アエロガル航空はガラパゴス諸島行きの航空の中で1番安い会社。

首都キト発ーガラパゴス諸島(バルトラ島)片道平均230ドル前後。

グアヤキル発なら片道170ドル前後。

LAN航空やTAME航空だと、首都キト発ーガラパゴス諸島着で300ドル以上。(;^_^A

ガラパゴス諸島行きの便で安くてもグアヤキルーガラパゴス諸島往復で280ドル。(アエロガル航空)

ウチは日程都合があるため、首都キト発、帰りはグアヤキルにしたので、行きは23000円、帰りは18000円、合計4万円ちょい。

(※英語版エクスペディアっていうサイトで購入した方が安いみたいですが、スカイスキャナーっていうサイトの値段とあまり変わりませんでした。前はグアヤキルーガラパゴス諸島往復3万円で行けたらしいですが、ドルでは382ドル前後で、どうやらレートが安かった時に行ったようです。。)

P1150261.JPG

ガラパゴス諸島入国カードはやたらに長い紙。(カード代10ドル)

P1150262.JPG
P1150265.JPG

いざ、出発!

P1150267.JPG

首都キトとお別れ。

P1150272.JPG
P1150273.JPG

40分?後、経由のグアヤキルに到着。

P1150274.JPG
P1150275.JPG

グアヤキル発の乗客が座り込んできて、燃油補給した後に再出発。(ウチが預けた荷物はそのままでOK)

P1150278.JPG

質素な機内食。

P1150282.JPG

たまたま、Mの隣に座っている乗客は韓国人で、ウチらは同じアジア人で同胞だからなのか、たまたま「あなた達はどこから来たの?」と英語で声かけられる。

韓国人女性はヨーロッパ?のダンナと国際結婚してガラパゴス諸島に永住しているという。

外人のダンナと結婚してガラパゴス諸島に永住なんて素敵過ぎる!!

P1150289.JPG
P1150291.JPG
P1150293.JPG
P1150297.JPG

2時間後、ガラパゴス諸島に到着。

P1150302.JPG

ガラパゴスのバルトラ島にあるセイモア空港。

P1150303.JPG

ウチが乗ったTAME航空。

P1150304.JPG
P1150305.JPG

空港施設はシンプルな建造物になっている。

というか、、、

入島税、なんと100ドルで高過ぎる。。汗

P1150306.JPG

シンプル過ぎるターンテーブル。

P1150308.JPG

こんな感じで荷物を受け取るようだ。

P1150309.JPG

ついに来たんだな、ガラパゴス諸島に・・・。

感動に浸るのはまだ早いです、ここ(空港拠点・バルトラ島)からサンタクルス島までは超面倒臭い移動が始まるのである・・・。

P1150310.JPG

空港に着いた後、まずはバスに乗る。(無料)

P1150312.JPG

約15分位でバストラ島のフェリー場まで移動。

P1150315.JPG
P1150317.JPG

フェリーに乗って、群島の中心に位置しているサンタクルス島へ移動。(1人1ドル)

P1150325.JPG

荷物落ちないか?心配だけど、、、。

P1150328.JPG

わずか5分でサンタクルス島のフェリー場に到着。

P1150329.JPG

フェリーから降りた後に再びバスに乗って、サンタクルス島の中心地「プエルト・アヨラ」を目指して移動。

P1150332.JPG
P1150334.JPG

45分位、果てのない野原がずっと続いている。

P1150364.JPG

やっと着きました、プエルト・アヨラっていう町に。。

バスから降りた後に宿を探すのだが、目当ての安宿はどれも満室・・・。

P1150375.JPG

その時、次の宿に向かったのは「ガラパゴス・ピール」っていう宿。

P1150376.JPG
P1150377.JPG
P1150378.JPG
P1150379.JPG

個室(ツインルーム〜トリプルルーム)1人あたり30ドルで高過ぎっ!!!

まいったなーと顔をしていたら、陽気で気前のいいおばちゃんが、「1人15ドルでどうよ?」と値引きを提案してくれました。(^_^;)

個室は部屋がキレイなうえにホットシャワー、WiFi付きで1人15ドルは悪くない!

という事で、この宿に決定。。

P1150341.JPG

最後まで面倒を見てくれた韓国人さん、マジでありがとー!!

後編につづく。


ガラパゴス諸島の中心・サンタクルス島のプエルト・アヨラを観光。〜ガラパゴス諸島・サンタ島編〜6ヵ国目 南米・エクアドル41日目 ー後編ー

前編の続き。

http://nagataka-world.seesaa.net/article/380206067.html

P1150363.JPG
P1150372.JPG

荷物を置いて、サンタクルス島の中心地・プエルト・アヨラを散策。

P1150344.JPG

観光で一番有名な魚市場。

P1080311.JPG

おおーっ!!!

P1080312.JPG
P1080310.JPG
P1080306.JPG
P1150391.JPG
P1150350.JPG
P1150358.JPG

すっげぇー!!!

魚市場にガラパゴス諸島特有の鳥やアシカまでいるとは・・・!!!


P1150353.JPG

「魚のエサが欲しいから俺にもくれー。。」とアシカが人間におねだりをしている。

P1150385.JPG

ガラパゴス諸島の鳥、手で触れる位の近距離にいても、全く逃げようとしない。

P1080318.JPG

動物達のほとんどが人間相手に全く警戒しないというのがガラパゴス諸島の面白いところである。

P1080319.JPG
P1150381.JPG

寿司?!値段を見ると8ドル以上でちょっと高いな・・・。

P1150371.JPG

ガラパゴス諸島で一番人気があるのが青い足の鳥、アオアシカツオドリ。

P1150382.JPG
P1150383.JPG

アオアシカツオドリのTシャツまで売っている。

P1150392.JPG
P1150393.JPG
P1150394.JPG

ダイビングショップへ行って明日イサベル島日帰りツアー(90ドル)を申し込んだ後に再び魚市場に寄って晩飯。

P1080323.JPG

味はシンプルでまぁまぁでした。(揚げたての鯛ごはん、9ドル。)

P1150397.JPG
P1150400.JPG

鯛ごはんだけでは物足りなかったので、二回戦は屋台村へ。(魚市場あたりのレストランは平均10〜15ドル前後でべらぼうに高い)

P1150399.JPG
P1150398.JPG

どの屋台も取れたてのロブスターや鯛が置かれている。

P1080326.JPG
P1150401.JPG
P1150402.JPG

焼きたて鶏肉とご飯セット、ボリュームたっぷりで何と5ドルで安っ!!

P1080328.JPG

メキシコのカンクン以来、久し振りに再会を果たした人や、初めて逢う日本人もいたが、久し振りの日本語で話せて楽しかった不良ニート組の日本人達。

こうして1日目終了。

2013年11月16日

地獄の船旅でガラパゴス諸島の中で一番大きいイザベラ島へ。〜ガラパゴス諸島・イサベラ島編〜6ヵ国目 南米・エクアドル42日目 ー前編ー

エクアドル滞在6日目。(世界一周スタートして現在42日目)

P1150404.JPG

AM7:00−サンタクルス島フェリー場でツアーの担当者が来るのを待っているが、肝心の担当者はなかなかこない・・・。

まさか、騙されたんじゃないよな・・・?汗

P1150407.JPG

待っているうちに海から上陸してノコノコとやってきたアシカ。

ちょっと気になったのが、アシカの腕についているオレンジ色のやつはGPS発信機なのだろうか。(ちょっと痛そうだ・・・)

P1150408.JPG

朝7時過ぎにようやく担当者が来て、ツアー参加者たちと一緒に高速ジェット船に乗って出発することに。

P1150412.JPG

船員から「これからは船の揺れがひどくなるので、もし船酔いで具合が悪くなったら私まで言ってください、ゲロ吐き用袋を用意してありますので。」と説明があった。

ん?そんなに揺れがひどいんだ??


そう、

これから地獄の船旅が始まるというのを今から知る事になる・・・。


前後に大きく揺れながら、船が進む。時々ほんの少し腰が浮く。乗客はみんなでワイワイしながら楽しんでいる。

P1150415.JPG

サンタクルス島から出発し、沖に向かうにつれてスピードが上がってきた。

沖にでるとトップスピードに!!

ガラパゴス諸島近海は波が高い上に荒れているからなのか、何回かは高波に乗ってジャンプして着地を繰り返している為、船の上下の激しい揺れで乗客は悲鳴あげっぱなし。

白人1人は激しい揺れに飛ばされて壁に激突しちゃったようだ・・・。汗

P1150414.JPG

ー1時間後ー

乗客全員、笑顔を失せている。

酷い揺れの中、ウチは何故か睡魔に襲われて眠たくなり、気がつけばウチの隣に座っている白人おじさんの肩に何回かヘッドバットを決めてしまった。汗(後で謝りました)

そして・・・

ゲロゲロゲローーーーーーー!!!!

激しい揺れに耐えきれず、ゲロ吐きし始めた乗客が続出。

P1150418.JPG

乗客2人は船酔いに遭ってゲロ吐きして溜めたゴミ箱。

うん、ゴミ箱の中は見たくないです・・・。

P1150421.JPG

ー2時間後ー

長い地獄の船旅を終えてようやく着きました、イザベラ島に・・・。

P1150423.JPG
P1150425.JPG

入場料5ドル払って無事にイザベラ島に上陸。

P1150424.JPG

おおーっ!!ウミイグアナだ。。

P1080340.JPG
P1150432.JPG

ウミイグアナたちがウチらを歓迎してくれるようだ。。

P1150433.JPG
P1150443.JPG

ウミイグアナとウチ。

P1150426.JPG
P1150427.JPG

ソファの上にアシカが昼寝している。

P1150447.JPG
P1150448.JPG
P1150535.JPG

イザベラ島にようこそ。

P1150449.JPG
P1150452.JPG

フラミンゴがいるポイントへ見に行くが、今回はあいにくも1匹しかいませんでした・・・。

P1080345.JPG

次はゾウガメセンターへ。ここではダーウィン研究所以上に、大量のゾウガメの姿を見ることができるという。

P1080346.JPG
P1080351.JPG
P1080357.JPG
P1150477.JPG
P1150478.JPG
P1150479.JPG
P1150480.JPG

100年以上も長生きしているゾウカメ。今までの人生はどう送っていたのか気になってしまったウチ。

P1150464.JPG
P1150472.JPG

ゾウカメたち、10年毎大きくなるたびに別の場所へ移しているようだ。

P1150483.JPG
P1080368.JPG

ゾウカメの寿命年数は平均150歳のようです。

P1080371.JPG
P1150485.JPG
P1080376.JPG
P1150492.JPG
P1150493.JPG

イザベラ島は第二次世界大戦中に米軍が駐在した時に貯水槽やなんとかの壁を作っていたそうです。説明のほとんどが難しい英語で詳しくはさっぱりです、すいません・・・。

P1150497.JPG

リクイグアナに食べられないように独自で進化したサボテンの木。

P1150498.JPG

隙なしの完璧な防壁。サボテン大好物のリクイグアナは一体どうやって攻略するんだろ??

P1080379.JPG
P1080380.JPG
P1080388.JPG

わぉー、ウミイグアナだぁー!!

P1150513.JPG

ウミイグアナのところに近づけてみるが、ウミイグアナは1mmも微動だにしない。

P1080382.JPG
P1080390.JPG

ウミイグアナとにらめっこするウチ。

P1080394.JPG

昼寝しながらウミイグアナと一緒に日光浴しているウチ。(ウミイグアナは冷たい海を泳ぐ為に1日中?日光浴で身体を温めているそうです。)

P1150506.JPG
P1150521.JPG
P1150531.JPG
P1150533.JPG

ガラパゴス諸島のビーチ、そこまでキレイとは思わなくてビックリです。。

P1150536.JPG

ランチタイム。

P1150537.JPG

サッカーのバルセロナの旗に何故か革命家ゲバラ氏が・・・。

P1150538.JPG
P1150539.JPG

うん、悪くないです。。(飯代はツアー込み。)

後編につづく。

現実の全てを忘れてくれる、動物と一緒にのんびり昼寝できて最高の島だった。〜ガラパゴス諸島・イザベラ島編〜6ヵ国目 南米・エクアドル42日目 ー後編ー

前編の続き。

http://nagataka-world.seesaa.net/article/380221059.html

P10804030000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
P1080406.JPG
P10804080000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

昼飯を済ませた後はベンチでアシカと一緒に昼寝。

P1080409.JPG

なんて気持ちのいい昼寝なのだろう・・・。

P1150542.JPG

シュノーケルポイントへ。

P1150543.JPG
P1150544.JPG

人の通行を気にせずに堂々と昼寝しているアシカ。

P1150546.JPG
P1150547.JPG
P1150548.JPG

おおーっ!!すっげー半端じゃないよ、透明度は。。

P1150551.JPG

人が泳いでいるというのに、アシカは無視して昼寝に集中している。

P1080417.JPG
P1150567.JPG

アシカと一緒に泳ぎたいウチは気を引こうとアシカに水でぶっかけてみるが、アシカは眠たそうな顔で「邪魔すんな!!」と威嚇して寝るだけがオチだった・・・。

P1080435000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

ちょっと冷たいけど気持ちいいっーーー。

P1150555.JPG
P1150562.JPG

こんなの見た事がない、珍しいウニ。味はきっと極上だろうな・・・。

P1150556.JPG

ウチが近づいてきても逃げようとしない魚。これもガラパゴス諸島の特徴なのだろうか。

P1080442.JPG

アシカとウチ。

P1080443.JPG

散歩でもするか。

P1080444.JPG
P11505700000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)

気持ち良さそうに昼寝しているアシカとウチ。

P1150576.JPG
P1150578.JPG
P1150583.JPG

大陸から隔離された島だけであって、透明度は素晴らし過ぎる。。

P1150590.JPG

船の中でもアシカが・・・。

P1150500.JPG

人間に全く警戒しないからなのか、簡単に捕まえられてしまった小鳥。(※掴んでいるのはスペイン語しか話せないガイドさん。)

P1150592.JPG

気持ち良すぎるほど昼寝してイザベラ島を満喫したし、そろそろう帰りますか。

P1150596.JPG
P1150597.JPG

おおっ!!運がいいです、帰り際にマンタと遭遇するとは。。

P1150598.JPG

さようならです、イザベラ島よ・・・。

P1150600.JPG

忘れた頃にやってきました、地獄の船旅が・・・・。

たかがの2時間だ、激しい揺れに耐えればそれで終わりだ、頑張れ、自分よ・・・!

P1150605.JPG
P1150606.JPG
P1150614.JPG
P1150611.JPG
P1150612.JPG
P1150613.JPG
P1150615.JPG
P1150616.JPG

サンタクルス島に戻ったウチは、ガラパゴス諸島で一番人気のアオアシカツオドリのTシャツ、グッズを買うか?やめとくか?未だに迷っています・・・。苦笑

P1150609.JPG
P1150608.JPG

屋台村にあるアジアン料理店はちょっと失敗だったかも、シーフードたっぷりの炭焼き12ドルでちょっと高かったです。(^_^;)(味はまあまあでしたが。)

P1150617.JPG

ガラパゴス諸島は治安がいいので、夜でも平気に歩けてのんびりできる島です。。

おわり。

2013年11月17日

アシカの楽園と呼ばれているサンクリストバル島へ。〜ガラパゴス諸島・サンクリストバル島編〜6ヵ国目 南米・エクアドル43日目 ー前編ー

エクアドル滞在7日目。(世界一周スタートして現在43日目)

P1150620.JPG

AM6:40−MURANっていうツアーオフィスの前で待つが、全然スタッフが来ない・・・。昨日に続けて今日も来ないなんて、まじで呆れる。

P1150622.JPG
P1150623.JPG

いくら待ってもスタッフは来ないので、仕方なくフェリー場へ。

P1150625.JPG

フェリー場の係員に「こういう会社のスタッフは来ていないのですが、このフェリーでサンクリストバル島へ行く事はできますか?」と尋ねてみたら、「ユーはサンクリストバル島?ならこっちだ、乗れ。」と乗船OKが出たので、ボートタクシー(1ドル)に乗って高速ジェット船へ。

P1150628.JPG

再び始まるんだね、地獄の船旅が・・・。うん、頑張ろう。

P1150627.JPG

船内はこんな感じ。


−2時間後ー

P1150629.JPG

結局はゲロ吐きせずに何とかサンクリストバル島に到着。

はぁはぁ・・・・まじで疲れたよ、高速ジェット船の船旅は。(-_-;)

P1150631.JPG

着いて早速、目の前に現れたのがアシカ。

P1150632.JPG

おおーっ、アシカだー!!

P1150633.JPG

あっちもこっちもアシカだ。。

P1150635.JPG

って・・・・えっ?

P1150637.JPG

えっ?えっ? 

どこでもアシカだらけじゃないか!!

すっげーな、アシカの楽園と言われただけでありますな。。(^_^;)

P1150644.JPG

ウチらが泊まる宿はCASA HOSTAL。 驚いた事に、WiFi接続スピードが早い!(サンタクルス島はやや遅め。)

P1150638.JPG
P1150639.JPG
P1150640.JPG
P1150641.JPG
P1150642.JPG

ホットシャワー、共同キッチン、WiFiありで個室30ドル(1人あたり15ドル)。うん、熱いシャワーが出る上に清潔感があっていいので、この宿に決定しました。

P1150645.JPG

AM10:00−宿の近くにあるカフェで朝食。(揚げパン一個で2ドル)

P1150646.JPG

うん、アシカ達は寝っぱなしですな・・・。

P1150648.JPG

自転車、半日レンタルで8ドル。(ちょっと高いような?ネット情報では5ドルだったみたい)

P1150647.JPG
P1080449.JPG
P1080451.JPG

アシカ公園?!

P1150652.JPG

ガラパゴス諸島・サンクリストバル島に上陸しました、ばんざいW

P1150654.JPG
P1150656.JPG

ガラパゴス諸島らしいモニュメント。

P1150657.JPG
P1150658.JPG

ららら〜ん♪

P1150663.JPG

ガラパゴス諸島の97%が国立公園で、3%は個人で移動する事を許された範囲でしかないので、これ以上は進めないみたいです、はい。(^_^;)

P1150666.JPG
P1150674.JPG
P1150672.JPG
P1080455.JPG
P1080454.JPG

沿岸あたりはカニだらけになっている。なんだかわからないけど、カニを見ただけでヨダレが出るのは何でだろ?

P1150675.JPG
P1150678.JPG
P1150677.JPG
P1080457.JPG
P1080458.JPG

アシカは本当によく寝るなぁ〜。。(^^;)

P1150837.JPG

アシカが沢山いるビーチへ。

P1150682.JPG
P1150697.JPG

アシカ群衆と一緒に昼寝しているウチ。

P1080460.JPG
P1080459.JPG

アシカと一緒に泳げるみたいだ、ウチも泳ぎにいこっと。

P1080477.JPG

ビーチにある売店に行ってシュノーケル道具5ドルレンタルしていざ、海へ。。

P1150719.JPG

・・・・っておい!! 

P1150721.JPG

アシカの泳ぎがめっちゃ早過ぎでついていけねーーーー!!汗

頼むから、人間のウチに合わせてゆっくり泳いでくれよ・・・。

P1150742.JPG

アシカ達に接触を試みると・・・

P1150735.JPG

「何来とるねん、お前は?!」とキレて威嚇してきました。。(^_^;)

P1150743.JPG

結局、アシカ達の距離はこれだけで精一杯でした、はい。(これ以上近づくと威嚇してくるので・・。)

P1150746.JPG

泳ぎがめっちゃ早いんだよな、アシカは・・・。

後編に続く。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。