2014年01月14日

世界最南端都市ウシュアイを目指してマゼラン海峡越え。〜ウシュアイア編〜10ヵ国目 南米・アルゼンチン83日目

プンタアレナス滞在4日目。(世界一周スタートして現在83日目)

images.jpg

次の10ヵ国目は...アルゼンチンです!

P1220125.JPG
P1220123.JPG

AM8:30ー BUS SUR社のバスに乗ってプンタアレナスを発つ。

P1220126.JPG
P1220127.JPG

中南米バスのほとんどが運転席の後ろにドアがある。おそらく、バスジャック防止の為の構造なのだろうか。

P1220129.JPG

おじいさんになっても、若者並みのスピード操作でiPhoneを楽しんでいる。さすが現役だ。。

P1220131.JPG
P1220133.JPG

1時間半後、マゼラン海峡に到着。

P1220134.JPG
P1220138.JPG

この船でマゼラン海峡越え。

P1220142.JPG
P1220143.JPG
P1220153.JPG
P1220160.JPG
P1220169.JPG

こんな感じ。

P1220155.JPG

ペルー以来です、久々に半ケツ男を見たのは・・・。

P1220158.JPG
P1220176.JPG
P1220177.JPG
P1220174.JPG

フエゴ島まで移動時間は約15分。

P1220178.JPG
P1220183.JPG
P1220185.JPG

無事にフエゴ島に上陸!

P1220186.JPG

アルゼンチンからの方はかなり混んでいるようだ・・。

P1220188.JPG
P1220190.JPG
P1220192.JPG

チリ国境イミグレーション。

P1220193.JPG
P1220197.JPG

30分したらアルゼンチン国境イミグレーションに到着。

P1220219.JPG

ついに10ヵ国目のアルゼンチンに突入ー!!

P1220200.JPG

いよいよです、世界最南端都市ウシュアイアに...。

P1220201.JPG

見えてきた、世界最南端都市のウシュアイアだー!

P1220209.JPG

PM5:00ー世界最南端都市ウシュアイアに到着!

P1220216.JPG
P1220207.JPG
P1220208.JPG

今回お世話になる宿は名無しの宿。

P1220206.JPG
P1220205.JPG
P1220202.JPG
P1220203.JPG
P1220204.JPG

ツイン、ホットシャワー、WiFiありで1人190ペソ(3000円)で高っ。。(ー ー;)

しかも猫やガソリン臭い匂いがしていてキツい。。( ;´Д`)

P1220211.JPG
P1220214.JPG
P1220229.JPG

ウシュアイアの街をプチ散策。

P1220226.JPG

どれも値段高過ぎるな・・・汗

P1220225.JPG

適当に晩飯を済ませてさっさと宿に戻ったのである・・・。

終わり。


南極に向けて数軒のツアー会社に奔走。〜ウシュアイア編〜10ヵ国目 南米・アルゼンチン84日目

ウシュアイア滞在2日目。(世界一周スタートして現在84日目)

昨夜は名無し宿のあの匂いが臭くて寝れなかったのと、不覚にも金縛りに遭ってしまった。

1分位だったか、目が覚めていても、身体は思うように全然動いてくれない。
それどころが、心臓バクバクしていた。

「頼むから、身体動けー、動けー!!」

自分に言い聞かせてみたが、ダメだった。

身体が動けなくなって2、3分位経ったら、金縛りが解かれたかのようにやっと動けるようになった。

はぁはぁ・・・!

心臓はバクバク。


気を取り直して再び寝る。

ー朝10時過ぎー

P1220232.JPG
P1220233.JPG

名無し宿は住み心地が悪いので、別の宿を探し歩き回ってみるが、どの宿もツインで安くても平均380〜540ペソ(6000円〜8000円)もして高過ぎ。。汗

結局、仕方なく名無し宿で我慢する事にしました。(T_T)

※名無し宿は日本人宿の上野山荘が満室になった時に紹介される宿で、半分以上の宿泊者が日本人である。韓国人もいるが。

P1220230.JPG
P1220231.JPG

郵便局に見えない建物。

P1220234.JPG

世界最南端のバス。

P1220235.JPG

驚いた事に、ウシュアイアは南極ツアーを扱っている会社が沢山ある。

P1220220.JPG

ほとんどがラストミニッツで売り出している。

P1220236.JPG

午後は南極に向けて数社の南極ツアー会社にあたってみる事に。

が、、、

P1220217.JPG

どの旅行会社も南極ツアーの相場は

P1220247.JPG

ラストミニッツ 平均39万〜42万円。

た、高っけぇー!!(ーー;)


「南極行きの中国クルーズはあるか?予算35万円で南極に行きたいんだ。」

数社にあたっても、受付は首を横に振るばかり。

まじかよ、、、。

どうしよう。


ずっと夢を見ていた世界初?の南極の上で昼寝するという計画が、、、


目の前に来て計画が白紙になるってのはちょっと・・・。


仮に無理にして南極ツアーに参加したら


資金が底について前半の旅が終わっちゃう。


どうしよう。


南極を選ぶか?


前半の旅を続けるか?


あれこれ悩んだ結果、


やはりまだ行ってない国が沢山あるし、ここで旅が終わっちゃったら会社を辞めて世界一周してきた意味がない。


という事で、


南極は、、、


諦めました。


うん、これでいいのだ。

あはははヽ(;▽;)ノ


またいつかリベンジしに行きます、南極に。

もちろん、ただの上陸だけではなく頂点を目指していこうっと。

P1220240.JPG

スーパー店。

P1220239.JPG

醤油発見!では買いますか。

P1220238.JPG
P1220241.JPG

鼻が折れて欠損している銅像。

P1220242.JPG
P1220243.JPG
P1220251.JPG
P1220250.JPG
P1220248.JPG
P1220249.JPG

どのレストランも高過ぎるので、今回はとりあえずハンバーガー店で食べる事に。バーガーとポテトセットで50ペソ。(780円)

P1220252.JPG
P1220253.JPG
P1220254.JPG

教会。

P1220255.JPG
P1220256.JPG

アウトドア風のサンタ。

P1220259.JPG
P1220261.JPG

日が暮れてやっと暗くなったのが夜12時前・・・。さすが、世界最南端ウシュアイア。

おわり。

2014年01月16日

人生初の世界最南端の世界最果て号に乗りました。〜ウシュアイア編〜10ヵ国目 南米・アルゼンチン85日目前編

ウシュアイア滞在3日目。(世界一周スタートして現在85日目)

P1220262.JPG
P1220265.JPG
P1220266.JPG

ティエラ・デル・フエゴ国立公園。

P1220269.JPG

AM8:00ータクシーに乗って世界最南端の駅へ。

P1220270.JPG

駅舎。

P1220271.JPG
P1220272.JPG

囚人達が駅舎と線路を作ったようだ。

P122035600000000000000.JPG
(※画像をクリックすると拡大します)
P1220273.JPG

世界最南端の切符、1人往復で230ペソ(3500円)。

P1220274.JPG
P1220276.JPG
P1220277.JPG

世界最果て号。

P1220279.JPG
P1090449.JPG
P1220325.JPG

うん、思っていたより小さくて狭いですな。

P1220280.JPG

日本語付きの解説まであってビックリ。

P1220282.JPG
P1220283.JPG
P1220284.JPG
P1220285.JPG
P1220286.JPG
P1220287.JPG
P1220288.JPG
P1220289.JPG

解説はこんな感じで書かれている。

P1220295.JPG

列車に乗って100年前に戻ってみましょうねぇ。

P1090456.JPG

線路はこんな感じで幅が狭い。

P1220298.JPG

マカレナ滝駅。

P1220296.JPG
P1090450.JPG
P1220299.JPG
P1220300.JPG

うん・・・ノーコメントです。

P1090454.JPG
P1220302.JPG
P1220303.JPG

昔、ヤマナ族が暮らしていた民家。

P1220307.JPG

ヤマナ族の民家の前で記念撮影。

P1090459.JPG
P1220312.JPG
P1090458.JPG

世界最果て号とウチ。

P1090460.JPG
P1090461.JPG

おおっ・・・

P1220315.JPG

大量の木があんなに切られていたとは・・・。

P1220320.JPG

100年に経っても、景色は昔と同じままだそうだ・・・。

P1090468.JPG

眠たそうな顔をしているウチ。

P1220326.JPG

40分位でフエゴ駅?に到着。

P1220329.JPG
P1220330.JPG
P1090473.JPG

あれま、ここで終わりのようだ。折り返して帰るとしますか。。

P1220332.JPG

南米の旅で一番大変お世話になっているのがポテチ。例えば移動が忙しくて飯食べる時間がない時に限ってはポテチが一番役に立つ。

P1220333.JPG
P1090474.JPG

ポテチのお蔭で何回か空腹をしのげたか数えきれないです。

P1220340.JPG

運転お疲れ様でした。

P1220341.JPG
P1220342.JPG
P1220363.JPG

世界最南端の駅土産。

P1220344.JPG
P1220345.JPG

おまけ。

P1220349.JPG

いえーい

P1220355.JPG

これで、、、世界最南端の駅での世界最果て号を制覇したどー!

P1220359.JPG
P1220360.JPG

囚人達が鉄道作業している歴史の資料写真。

P1220369.JPG

タクシーでの帰り際に運転手にお願いしてFlag treeのとこへ寄ってみた。

P1220373.JPG

斜めになっている木、強風にやられたのではなく、元々出来ている木だそうだ・・・。

珍しいな。

P1220377.JPG
P1220376.JPG
P1220378.JPG
P1220379.JPG

ウシュアイアも寿司店がある。いつか行ってみようかな・・・。

後編につづく。

カナダ最北端からスタートして3ヶ月かけてようやく世界最南端都市ウシュアイアに到達。〜ウシュアイア編〜10ヵ国目 南米・アルゼンチン85日目後編

前編の続き。

http://nagataka-world.seesaa.net/article/385279223.html

P1220380.JPG

世界最南端都市ウシュアイアの看板。

マップ.jpg

2013年9月28日カナダ最北端からスタートして3ヶ月後、、、

ようやく・・・

P1220386.JPG

世界最南端都市ウシュアイアに到達ー!!

長かった・・・。

さらに、、、

P1220387.JPG

世界初?世界最南端都市ウシュアイアで昼寝達成。(笑)

P1220395.JPG
P1220396.JPG

この近くにインフォーメーションがあり、受付に「世界最南端都市訪問証明書を下さい」と言えば、無料で貰える。

P1220397.JPG
P1220413.JPG
P1220408.JPG
P1220415.JPG

ついに世界最南端都市訪問証明書をゲット!

バンザイ、これでカナダ最北端と赤道と世界最南端到達証明書3つを手に入れましたw

P1220428.JPG

パスポート持参すれば、世界最南端都市ウシュアイアに到達した記念のスタンプを押してくれる。

P1220422.JPG
P1220423.JPG

名無し宿に戻った後、自炊で昼飯。

P1220426.JPG
P1220424.JPG

名無し宿での飼い猫はめっちゃ自由奔放だ。

P1090477.JPG

次はヤマナ族博物館。

P1220437.JPG
P1220438.JPG
P1220436.JPG

出たぁーーー!!!世界一ユニークな民族、ヤマナ族だぁー!!w


ーヤマナ族って??−

南極に近く寒いパタゴニア地方に暮らしていたヤマナ族。何故、寒いとこで裸で暮らしているかというと、衣服を身にまとうよりも、裸で火に当たったほうが暖かいからだとか…。

P1090480.JPG

ちなみにこの写真の格好はヤマナ族が成人の際に着た衣装だそうだ・・・。。

そして

南米大陸に上陸したヨーロッパ人たちはヤマナ族に服を着せることを教えたそうだが、「洗濯」について教えていなかったのが原因で、

ヤマナ族の人々は汚れた服を着続けたことによって、衛生状態の悪化で疫病が流行した事により

ヤマナ族は滅びたんだとか。(^_^;)

本当に笑えない歴史ですな・・・。

P1220432.JPG
P1220434.JPG

次は世界最果ての博物館。

P1090478.JPG

障害者は無料のようだ。

が、、、

P1220439.JPG

博物館に入ってわずか10分で見終わってしまいました・・・(;^_^A

それほど展示物が少な過ぎるとしか・・・。

P1090482.JPG

世界最果ての博物館から3ブロック先に地球博物館があるが、これも障害者は無料のようだ。

P1090485.JPG
P1220440.JPG

江戸時代の日本地図まである!

P1220446.JPG

ウシュアイア街内にある店に行ったら...なんと、ろう者のレジ店員がいた!

彼女さんの話だと、世界最南端に数人のろう者が住んでいるという。

凄いな、世界最南端までろう者住人がいるとは...。

P1220447.JPG
P1220448.JPG
P1220449.JPG
P1220450.JPG
P1220451.JPG

ウシュアイアは南極の土産グッズ中心に売られているようだ。

P1220452.JPG
P1220453.JPG
P1220454.JPG
P1220455.JPG
P1220456.JPG

ユニークな衣装モデルでウシュアイアらしい。

P1220458.JPG

ペンギン壁画。

P1220461.JPG

ペンギン達と一緒に歩いているウチ?

P1220463.JPG

名無し宿でたまたま見た、壁に貼っている写真。どういった現象でこうなるんだろう・・。

P1220464.JPG
P1220466.JPG
P1220467.JPG
P1220470.JPG
P1220480.JPG
P1220471.JPG
P1220468.JPG
P1220469.JPG

行きたかったなー、南極に。。

P1220476.JPG

ちょうど晴れていたので、世界最南端都市ウシュアイアのとこでもう一度昼寝。

P122047700000000000.JPG

昼寝その2。(※画像をクリックすると拡大します)

P1220484.JPG
P1220485.JPG

ウシュアイアで 役目を終えた廃船。

P1220483.JPG
P1220486.JPG
P1220487.JPG
P1220488.JPG
P1220489.JPG
P1220496.JPG
P1220493.JPG

何年位眠っているのだろうか・・・。

P1220491.JPG
P1220501.JPG

世界一周10ヵ国目のアルゼンチンにいるどー。

P1220502.JPG
P1220503.JPG
P1220504.JPG

フェリー場の近くにビーグル水道ツアー会社が立ち並んでいる。

P1220506.JPG
P1220507.JPG

あった、唯一ペンギンがいる島に上陸出来るツアー会社発見。明日申し込んでみようっと。

P1220499.JPG

これで終わりではありません。

まだまだ続きます、世界南最果ての旅が・・・。

ぶらぶら歩いておわり。

世界最南端ホーン岬到達を目指す事に決定。〜ウシュアイア編〜10ヵ国目 南米・アルゼンチン86日目

ウシュアイア滞在4日目。(世界一周スタートして現在86日目)

P1220510.JPG

朝食。

P1220511.JPG

午前は前から気になっていた旅行代理店へ。

旅行代理店の看板に”ホーン岬”って書かれてありますよね?

ホーン岬と言えば・・・

そう、

実は”世界最南端のホーン岬”なんです。

前から世界最南端のホーン岬があるのは知っていたが、ホーン岬は断崖絶壁の孤島に位置している為、まず一般人が行ける場所ではない。

実際に上陸した日本人はあまり聞かないし、ネット情報も乏しくてまともな情報を入手出来ずにいた。

日本を発つ前に知った情報だと、ホーン岬周辺は予想以上に波が荒くて、状況によっては上陸を諦めなければならない時がある。

それほど簡単に行ける場所ではない為、世界の最端の中でホーン岬が一番難易度が高いそうだ。。

一般人が簡単に行ける場所ではないのを知ったウチは即ホーン岬を諦めた。



あれから3ヶ月後、世界最南端都市ウシュアイアに訪れた時に旅行代理店の看板に”ホーン岬”の名前が書かれてあるのを見て目を疑った。

ま、まさか・・・?

ウシュアイアの旅行代理店のほとんどが南極ツアー中心。

P1220512.JPG

だからホーン岬はあり得ないだろうと思いつつも、ダメ元で旅行代理店の受付に聞いて見ることにした。

「すいません、私はホーン岬に行きたいのですが、ホーン岬行きのフェリーってありますか?」

受付「ホーン岬ね、ありますよ。」


はっ?!

ま、まじであるんだ?!

スタッフの説明だと、ウシュアイア発ーホーン岬経由ープンタアーレナスといったAustralis社のクルーズがあるという。

「い、いくらですか?」

P1220514.JPG

スタッフ「5日間で24万円よ。」

2、24万円?!

高過ぎる・・・!

ホーン岬のみ往復の船はないか?と尋ねてみるが、

スタッフ「そんなのないわよ!」と即答。

まじすか・・・うーん、うーん。

あれこれ悩んでいると、

P1220513.JPG

スタッフ「あ、4日間のならあるわよ、高くて17万円。」


おっ?


17万円?


それなら行ける。


ホーン岬に行くなら今しかない。


もし、ホーン岬に行かなかったら、次はもう無いかもしれない。


実は、ウチは最端マニア。だから、日本にいる間は日本本土最東北南西端、日本最南西端を制覇した。


今度は世界の最東北南西端を制覇したいという野望を持っている。


それが今、世界最南端ホーン岬に行けるチャンスが目の前に来ている。


行くなら今しかない!!


迷わず申込んだ。


ホーン岬に行くのに1人17万円。

P1220529.JPG

支払いはクレジットカードしか受け付けていないというので、ANAカードで一括払い。

こうして2014年1月1日にウシュアイアを発つ事になったのである。

P1220527.JPG

あれが世界最南端ホーン岬・・・。後で逢いに行くから待ってろよ。

P1220506.JPG

午後はPIRAツアー会社に行ってペンギンツアーを申込む。

ビーグル水道の中で唯一ペンギンがいるMartillo島に上陸出来るのがPIRAツアー会社だけなのである。(ネットで「ビーグル ペンギン 上陸」これだけのキーワードで検索したらPIRAツアー会社にヒットした)

日本人旅行者のほとんどがそれを知らずに他社のツアーに申し込み、クルーズでビーグル水道の周辺を周るだけ、上陸出来ないまま終わるのがオチのようだが。(;^_^A


ペンギンツアー、1人660ペソ(10000円)で高過ぎ!!

でも、南極に行くのを諦めた代わりとして奮発するとしよう。

明日はXmas日。マゼランペンギンからどんなプレゼントをくれるか楽しみだ。。(笑)

P1220515.JPG
P1220516.JPG
P1220517.JPG
P1220518.JPG

ウシュアイア限定の切手。

P1220520.JPG

霊が出てもおかしくない位、まじで怖すぎるんだけど。。。(しかも郵便局)

P1220522.JPG
P1220524.JPG

おいおい、店の前に大型犬4頭もウロウロしていて入りにくいじゃないか。汗

P1220525.JPG

意外な事に、見かけによらず大人しくて可愛い犬だった。

P1220530.JPG

飼い主を待っている犬。

P1220532.JPG

世界最南端のカジノ。

P1220533.JPG

巨大なゴミ箱。

P1220534.JPG
P1220535.JPG
P1220536.JPG
P1220538.JPG
P1220539.JPG

そっかぁ、明日クリスマス日だったもんなぁ・・・。

P1220540.JPG

ウチの欲しいクリスマスプレゼントってあるかな・・・。

P1220544.JPG
P1220548.JPG
P1220549.JPG

晩飯は節約として安物のパスタ(50ペソ、780円)を注文したのが失敗で、すごく不味かった・・・。

おわり。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。